Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.04.14 Thursday
韓国での、食事に関するマナーいろいろ。

韓国もお箸の国なので、
ご飯茶碗と汁のお椀の並べかたなどは同じですが、

細かい点でいくつかあります。
一応知っておくとよさそうなものを集めてみました。

 

☆お皿・お椀は持たない!


食事をするとき、
日本では私たちはお椀を持って食べるように習いました。

テーブルにお椀をおいたまま食べるのは
「犬食い」などと言われ、お行儀が悪いとされています。

しかし、韓国は逆で、
お椀を持って食べるのがマナー違反とされています。


その理由は聞く人によってもいろいろなのですが、

「囚人がテーブルのないところで食べるときのように見えるから」
という説と、

韓国の、特に食堂では金物だったり石のお椀なので
「単に熱くて持てないから」

という説もきいたことがあります。


持って食べる以上に行儀が悪いとされるのが、
わたしたちがお味噌汁やラーメンを食べるときに、
直接お椀を口に持っていく、あの動作です。


主人の家では「食べやすいように食べればいいのよ」と、

気を遣ってテーブルにお椀を置いてつついている私をよそに、
家族みんなお椀を持って食べていましたが、
そんな主人の家でもお椀に口をつける人はいないようです。


日本人同士で韓国を旅行するときなどは別にかまわないと思いますが、

韓国の人と一緒に食事する機会があれば、
そのときは少し気を遣ったほうがいいかもしれません。

 



☆韓国では早く食べる!


日本では、食事のあとその場でお茶を飲んだりして
ゆっくり話したりしますが、

韓国の食堂ではさっさと食べる!
食べたらすぐ会計!のような感じです。


お茶はカフェなどに場所を変えてゆっくりする人もいれば、
そのままレストラン備え付けの紙コップのコーヒーなどで済ませる場合も。


初めて彼の家に行ったとき、
食堂で私がゆっくり食べていたら主人のお母さんに
「韓国ではゆっくり食べてちゃだめ。待っている人やお店の人に迷惑になるでしょ」
と言われ、
なんだかあわただしいな、落ち着かないなと思った覚えがあります。

 


☆韓国人はワリカン嫌い?!


日本では、友達同士などで食事に行くと
会計を別々に払う場合が多いですが、
韓国の人はこれを嫌います。
よく、韓国の人に「日本人は自分主義で冷たい」
と言われることがあるのですが、
こういうことなどから来ているのかもしれません。


韓国の人は人と人のつながりを大事にするので、
1回の食事で1人が払ってあげることによって、
「次はわたしが払うね」
と後へつながっていくことを良いと思っているそうです。


なので、
日本のように自分の食べたものだけ支払ってその回その回で終わり、
というのが冷たい印象に感じるのかもしれません。


でも、友人におごられなれていない、
ワリカンの多い国の私たちにとっては、
これはかえってきゅうくつに感じることもあるかも
(私がそうだったので…)。


で、誰が支払うかというと、
基本的には「食事に行こう」と誘った言いだしっぺがおごるか、
または年上の人が年下の人たちにおごる場合が多いみたいです。


年上の人は大変!
中には「日本のワリカン制のほうがいいな…」
なんてボヤきを言う人も。


もし、韓国で韓国の人と一緒に食事する機会があったら、
おごってくれるかもしれません。

そうしたら、無理に「自分の分を払う」と言わずに
「ありがとう。次は私がおごるね」

と次回につなげるか、
次回しばらく会う予定がなさそうな人であれば

「じゃ、場所を変えてお茶しましょう。お茶は私がおごります」

と言ってあげると喜ばれるようです。

 


A:今日は私がおごります。
오늘은 재가 살게요.:オヌルン チェガ サルケヨ)

B:ごちそうさまでした。
먹었습니다.:チャル モゴッスムニダ)
次は私がおごりますね。
다음에는 재가 살게요.:タウメヌン チェガ サルケヨ)
/じゃ、お茶しましょう。お茶は私がおごりますよ。
그럼, 한잔 하자요. 재가 살게요.:クロム、チャ ハンジャン ハジャヨ。チェガ サルケヨ)


사다は「買う」ですが、
ここでは「私が買います→私が払います」になります。




韓国文化とか。
2011.04.03 Sunday
韓国での、目上の人へのマナーいろいろ。

調子に乗って敬語関連一気に更新しています(笑)


敬語についてもそうなのですが、
韓国は目上の人へのマナーを重んじる国。


日本でもある程度はそうですが、
日本人の私たちが見て

「なぜ?」「こんなことが?!」というようなことも、
韓国では失礼にあたることがあるので、
まだ数少ないですが私が経験したものを挙げておきます。


 

★目上の人に握手を求めてはだめ


これはまだ韓国語を話せなかったころの私の失敗です。


日本でもそうなのかわからないのですが、

英語圏では初対面の人に「Nice to meet you!」と言って
握手を求めるのは普通のことなので、
韓国も外国だから同じかと思い、
主人のお父さんと初対面したときについ

「はじめまして、よろしくお願いします」
といって手を差し出してしまったのです。


でも、実はこれが失礼にあたり…お父さんはびっくり。

そして、彼があわててお父さんに
「日本とか、他の国では目下の人からも握手を求めることがあるんだよ」
と必死で言い訳をしていたのを見て、私も一緒に謝りました。

 


★目上の人の前では裸足はタブー


これも上記と同じころの私の失敗です。


主人の実家がオンドルという床暖房でとても暖かかったので、
家の中を裸足ですごしていた私。


彼のお母さんに「寒いから、靴下をはきなさい」
と言われたのですが、「寒くないです」と言いました。


そのときはそれで終わったのですが、
帰国後しばらくして、
韓国の文化について書いている人のブログを読んでいたら、
その人も韓国で私と同じように過ごしていて
韓国人の友達に
「目上の人の前で靴下をはかないのは失礼にあたる」
と言われ、あわててその家の人に謝り、靴下を履いたそうです。


私もびっくりして彼にそのことを話したところ

「うちはそういうことを気にしない家だし、うちのママはほんとに寒そうだったから言っただけじゃないかな?」
と言ってくれましたが…要注意です。

あれから数年たち、彼の家ではほんとに気にしないことがわかったので、
今は私も気にしてないですが、
初めての家に行くときは必ず靴下を履いていきます。
 



★目上の人とお酒を飲むときは横を向いて飲む


韓国ドラマや映画をよく見ている方は、
ご存知の方も多いかもしれませんが、

目上の人とお酒を飲むときは、
まっすぐ前を向いて飲むのは失礼にあたるので、
横を向いて飲んでいる姿を隠すようにして飲みます。

ちなみにお酒以外は大丈夫みたいです。

 


★目上の人の前ではタバコをすわない

子供がお父さんと一緒に一服、なんてことは普通はないようです。

彼の実家では彼のお父さんと弟がともに一服していましたが…

 


ここまで書いたもののどれもこれも、
仮に私たちが間違えたとしても
「外国の人だから」で許され、
さほど大きな問題にはならないと思います。


でもこれらのことを知っていて、
少しできるだけでもずいぶん違いますし、

外国人がこういういことを知っているということ自体に
現地の人も感心するようなので、

知っておいて損はないと思います。

 

 



韓国文化とか。
2008.09.15 Monday
プチチュソク2008とジョル
(2007年のプチチュソクはこちら。

いやー。今年も終わったわ、うちのプチチュソク。
今年は9月14日がチュソクでした。

チュソクは正月とならんで韓国での大行事のひとつです。
ようはお盆なので、親戚一同お供え物を持って先祖のお墓にお墓参りにいって、その後食事するものなんだけど、去年同様うちでも開催。

とはいってもうちはお墓参りとかないので、食事だけだけどね。

去年同様、チュソクの大人数料理を作りなれておこう、という趣旨もあるけど、
それよりはだんなさんがかねてから家に呼びたがっていた
(というより結婚したし、引っ越したし、呼ばなきゃなー、と言っていた)メンバーを初めてうちにご招待。というのがメインのパーティーでした。
もちろんいつもの仲良しメンバーも一緒です。

あたしたちいれて9人かな??台湾のお友達も2人いました☆


そういえば、テーブルクロス変えたよー♪

いやー、久々に料理のために早起きして疲れちゃったわ。
でも、手抜きしてやきそば(マルちゃん)とか作っちゃったし、
去年、蒸し器まで買ったのに失敗したソンピョン(お餅)は今年は買ってきちゃったし(笑)
その他のものも普段から作りなれてるのばっかり作ったから意外と楽だったかも。


ごはんとテンジャンチゲもスタンバイ。ちょうどいいテーブルがなく、なぜかいすに並べてるけど…。

この日、引っ越して以来はじめてのお客さんが来て、
「チプトゥリも兼ねて…」といってトイレットペーパーくれました♪


チプトゥリっていうのは、引越しパーティーのことなんだけど、実は去年越してきた時点で一度やっています。こちらをみてね。

それで普通、チプトゥリのときはトイレットペーパーをプレゼントするんだって。
越したばかりで、いろいろご入用でしょう、ってことで。
それは知ってたんだけど、実際にもらったの初めてなので嬉しくて、なんとなく写真に残してしまいました♪

お昼から集合して、結局夕方までダラダラ。その流れで夕飯も何もなく残ったものをつまみ、ダラダラで今に至ります。(14日の夜10時)

ところで、韓国では結婚して初めて親戚に会うときや法事のとき、また結婚式のときなどに「ジョル」というあいさつをするんですが、
今回韓国に滞在したとき、
結婚して初めての帰省なのであらゆるところでジョルをしないといけないため
彼の家で彼のお母さん&妹に教わりました。

形は男の人がするのは日本のあいさつ(正座して、手を前について頭を下げる)と同じ感じで、
女の人は片ひざ立てて、手を前について頭を下げます(ひざがじゃまで下がらない)。


それを法事で集まったとき親戚の前でしたら「違う」とのこと。
「えっ、こうでしょ?!」とあたしのしたジョルをゴリ押しするお義母さんと義妹。

いや違う、こうやるのよ、といってやってみせてくれたおばさん。
そしてみんなから「違うよ!」とつっこまれ…


結局不明のまま。

したら、インターネットで「ジョル」の仕方を動画で説明しているものを数日前彼が発見。

どうやらやっぱりいろんな家でそういう疑問が殺到し、検索した人が多いようです…

でも動画が長すぎて途中で飽きてしまい、結局最後までみてません。
みたらまたここで更新します。
なさそう…

ちなみにペベク(結婚式のとき)の新婦のジョルだけみたんだけど、
腕は肩の位置まで上げ、ひじはそれと水平にまげて、
手は顔の前で上下に重ねて、
そのまま両足を曲げて、足を組みながらお尻をおろす。

難しいよ…
どうしてもお尻からドシン!って落ちてしまい
「その「ドシン」は何なの!?お尻からじゃなくて足から着くんだよ」
と、ジョン様より突っ込まれる始末。

だって体育苦手なんだもん。関係ないって?

「両足を組みながらすわる」ってのがどうしてもできないんだよ。

でも、よく考えたらペベクって、あたしはチマチョゴリ着てるから足見えないし、
適当に座っちゃえばいいのよね。


韓国文化とか。
2008.02.13 Wednesday
遅ればせながら・・・プチソルラル
お友達のあきこさんのブログを読んで、はっとした。
うち、ソルラルにトックッ食べてなかったんだった・・・あわてて作りました。あきこちゃんありがとう。笑

チュソク(お盆)の日記に続き、ふたたびわたしの覚え書き日記です。
チュソク同様、うちは彼の家の親戚とは離れて暮らしてるので、この日の騒々しさからは離れているのですが、乗り込む前に一応形だけは知っておこうと思い、お勉強です。

韓国のソルラル(お正月)は、旧暦の1月1日です。

このときはお盆のときのように親戚が集まり、お料理をたくさんだします。
まずセベというあいさつ(日本の「あけましておめでとう」みたいなもの)をして、お年玉をあげて、そのあと先祖におまいり&お供えし、食事。

お料理の内容は家によってもいろいろみたいですが、ジョン(チヂミみたいの)とかチュソクと似たような感じみたい。うちのだんなさん家ではね。

ソルラルに必ず食べるのが「トックッ」というお雑煮。これを食べて、1つ歳をとるんだって。

こうしてみると、この写真おもちの様子がよくわかんないわ。ごめんなさい。

作り方(ってか具)はいろいろだと思うんだけど、
牛肉ベースのだし汁と、トック(おもち)、マンドゥ(別になくてもいいんだけど)を煮込んだスープに、卵・ねぎ・肉(煮込むのが正しいらしいけど、あたしは肉のにおいがダメなので、いつも焼いちゃいます><。そしてあとから盛り付ける。)・のりを入れます。

入れるとこんな感じ。輝いてる(笑)
思えば3年前彼の家に初めて行ったとき、はじめて手伝った料理がコレだった気がします。

本来はそれとチヂミとかナムルとかを作るらしいんだけど、
実は週末グータラして「あるものでいっか」とランチにチヂミ作ってしまったので、この日は豆腐&キムチ揚げにしました。

写真ヨコのタレ、お義母さんに教えてもらったんだけど、簡単で何にでも合うんだよ♪
ほうれん草のナムルは作り置いておいたものです☆(たまたま一緒に撮影)

今年のソルラルは2月7日だったのですが、ちょうど日本からお友達が来ていて、
普通にアメリカンな食事(…ってか、チャイニーズだったわ!)をしちゃいました。
そして、親戚一同に新年のあいさつ電話をしました。

今回は2人だから料理もたいした量作らないけど、
実際に韓国に渡った人のブログなどをみると、どんだけの量かはわからないけど相当いっぱい作ってるみたい。。。そりゃそうか。みんな集まるんだもんね><
およそ10倍作るって事だね、本土に渡ったら。。。




韓国文化とか。
2007.09.27 Thursday
プチチュソク


この日記、「韓国とか、韓国語とか」のカテにいれちゃったけど微妙かなぁ…
「日々の日記」かなぁ…まぁいいか。

韓国では今年は、9月25日がチュソク(お盆)でした。
その前後の日や土日の休日を合体して、韓国では大型連休になるそうです。

ほんとはお義父さんの実家に行かなければいけないのだけど、私たちはアメリカに住んでるのをいいことにノンビリ…

でも、いつかはやってくる「チュソクでの嫁の仕事」を全く知らずして韓国にのりこむのはやっぱりちょっと怖い。
それにだんなさんにもチュソクの雰囲気を味わわせてあげたくて、チュソクによく食べる料理を作ってみました。

とりあえずどんな料理を食べるのか、だんなさんの実家・ウェハルモニ(母方の実家のおばあちゃん)・チンハルモニ(父方の実家のおばあちゃん)にそれぞれあいさつの電話を入れたときに、どんなものを作るのか聞いたり、ネットを見たりして。

家によって出てくる料理も違うみたいなので、
とりあえず定番の「ジョン(野菜などに小麦粉をつけて焼いたもの)」「プッチムゲ(チヂミ)」「チャプチェ」「プルコギ」「チムタッ(鶏肉の煮物)」をやって、
あとは薬菓(ヤックァ)という韓国のお菓子を並べたり、「ゆで卵の飾り切り」「韓国なし、韓国ぶどう」(日本のとほぼ同じ味)とか「なつめ」を並べてそれっぽく(笑)

あと、だんなさんの誕生日当日に外食してしまったので、あらためてケーキも買ってきました。
この日はお友達2人もお誕生日だったので、みんな一緒に…☆

そして、写真にうつっていないけど、チュソクに欠かせない「ソンピョン」も作りました。
うるち米を練って、中にゴマ油の風味のきいたアンをいれて、松の葉をしいて蒸すお団子なんだけど、韓国の家庭では蒸す前のお団子を丸める行程でこれを男の人にやらせて、うまく作れたらかわいい娘が生まれるとか言われてるらしいです。スーパーで完成品を見つけて「これ買っちゃおうかな…」とも思ったけど、やっぱり作ってみました。
あんこはシナモンあん(シナモン・ハニー・ごま油)とごまあん(ごま・ハニー・ごま油)の2種類を作りました。


てか、はみだしたりしてて、きたない…でかくてギョーザみたいのがだんなさん作。手前のちっちゃくて丸っこいのがマユ作。絶対あたしのほうがうまいと思うんだけどなぁ。
これを蒸し器にいれて20分ほど蒸します。ほんとなら松の葉をしいて蒸すんだけど、なかったのでそのまま。


で、なんで蒸す前までしか写真におさまってないかというと、
まるめるまではまだよかったんですが、蒸す時間が長かった(てか放っておいたから…)らしくて、気づいたら原型をとどめていませんでした…
中のあんこはすごいおいしくできたんだけどなぁ。
次からはしっかり見張ってなくちゃ(当たり前)!!

このチュソクの時は、都市に出て行っている人たちもみんな帰省するので、ラッシュとか渋滞とか、日本のお盆や年末年始みたいな状況になるらしいです。
女の人達がチュソクの前日に料理を作っておいて、次の日の朝いちで先祖のお墓に持っていき、おそなえをして、そこでみんなも食べるみたい。

実際、現在は都市の方では省略する家庭も多くなってきているみたいですが、
特に地方ではこのチュソクの料理をしっかりやって、今でも伝統的なスタイルでやっている家も多いみたい。だんなさんのうちもそうみたいなので、しっかりついていかなきゃ…

★大変だなぁぁ…と思いつつほっとした一面も。★

,海痢屮船絅愁の料理」をネットで調べるとき、韓国のお料理サイトにも行ったんですが、
チュソクの料理の作り方より「チュソクでもオープンしているお店」がトップの特集になってたこと。
あぁ、そういう人もいるんだね…と思ってちょっと心がほぐれました。

▲船絅愁もそうだし、ソルラル(お正月)もそうだけど、女の人たちが前日に料理をしておいて、当日は男の人が先に食べて、女の人たちはそのあとに食べる…
て聞いてたから、「あぁ、やっぱ男尊女卑がのこってるんだなぁ」と思っていたけど、
うちのだんなさんのうちでは女の人たちはワイワイ話しながら料理を作って、作りながらできたてを好きなだけつまみ食いしたり、子供にあげたりしてるんだって。
男の人は最初に手をつけるとは言っても作った次の日に食べてるから、結局はいちばんおいしいときに食べてるのは女の人…

さすが。そうでなくちゃ。
まぁ、うちのだんなさんの家の場合だけなのかもしれないんですけど。。。



韓国文化とか。
1/2PAGES >>