Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2008.02.11 Monday
結婚1周年を迎えました。

日本時間の2月9日は、私たちの結婚1周年記念でした。
1年早かったなぁ〜。
アメリカ時間のこの日は外食して、お互いにプレゼントをして、普通に過ごしました。
というより純ちゃんを送って帰って、その後うちでゴロゴロ…せっかくだから外食しようか〜、といって出かけて終わりました(笑)とりあえずグータラしてた!

そういえば結婚式場からも1年のお祝いが届いたそうです。高くとってるだけあって、ちゃんとしてるのね〜。素敵☆



そうそう、去年結婚祝いにいとこからスタバの桜のマグカップをペアでもらって、
それがこの1年大活躍だったので、
今後は結婚記念日のたびにペアでマグカップを買おう、と決めました。

いくつあってもよく使うし、桜バージョン、少しかけちゃったんだよ(涙)


スタバのバレンタインバージョンのです。
去年のが桜だったから、今年も桜を送ってもらおうかとも話してたんだけど、
アメリカに住んでる間はアメリカのマグカップを買うのもいいかもね、しかもバレンタインバージョンはハートいっぱいだし(笑)、てことで。

日本時間の記念日は、BoyzIIMenのコンサートでした。ウフフ…良すぎたわ。

これから何年も、死ぬまでこの日を結婚記念日として祝っていくんだよね。
なんだか不思議。最初はどうでもいいことでのケンカ?(靴下なんでココに脱ぐの!!!とか)もあったけど、もうだいぶ落ち着きました。
お互いあきらめとか歩み寄りみたいのもあるしね〜。
オナラとかもあきらめて聞いてる。
あ、でもまだ気分は新婚さんだから「コラッ!!!」とか「動くな!」「来るな!」っていちいち突っ込んであげてるけど。そのうち無視したりしだすんだろうな〜。

とにかく、どんな夫婦になっていくのか楽しみです。ますます似そうだし(笑)
理想の夫婦は、うちのお父さんとお母さんみたいな夫婦です^^☆
そしていつか、自分にも子供ができて、その子が同じことを言ってくれるような夫婦になりたいなぁ。

あ、あとよく聞かれるけれど、子供はまだまったく予定していないです。
今年は日本に長く帰る予定だしね☆楽しい楽しい日本帰国が終わってから考えます。。
YUKIちゃんだって31歳で第1子を産んでるし☆

せっかくアメリカでいかに日本の主婦のように健康的に堅実に生活するかをつかんできて、家事とかやりくりとか楽しくなってきたところだから、この1年は余裕を持って2人の生活を楽しみたいと思います♪

今後ともよろしくお願いします☆


ジョン様と私。(結婚準備〜結婚式)
2007.10.01 Monday
出会い記念日
去る9月29日は、出会い記念日でした。
結婚記念日はまた別にあるのですが、この日は私たちがはじめて出会った日なのです。

つきあったのはもっと後なんですが、特にこの日から始まった、って日がないので
「はじめて会った日を記念日にしよう」って彼が言って、毎年この日を記念日としてお祝いしてました。

結婚してからは「結婚記念日もあるから、9月29日はもういいか」って言ったら
「でも、うちらが出会った重要な日なんだから、お祝いしなくちゃ」
て言ってくれたので、この日もお祝いしよう、って話してました。

いちおう、記念日についてはこちらをー。。。


ただ彼も大学院忙しくなるし、そんな場合でもないかなと思ったので、プレゼントだけはお互いこの日より前に渡してしまったんです。

だからわたし的には当日はどこかで外食するか、だんなさんのリクエストがあったらそれを作ってあげようって思ってました。

でも、プレゼントとか、何を食べるとか、どこに行くとか、重要なのはそういうことじゃなくて「その日を覚えてるか」ってこと。
うちのだんなさんは自分から言い出したくせに、以前この記念日忘れてたからね〜。

なので、今回はあたしから言い出さなくてもこの日のことを覚えているかチェックすべく、当日は朝からだまってました。

ところが、予想通り(?!)まったく何の変化もなし。そんな話題もなし。

朝ごはんのとき、ちょっと不安になりつつも彼にけしかけた。
「今日は1日何するの?」
「バイト行って、終わりかな。あ、勉強しなきゃ」

は?なにそれ。

「今日の夕飯何が食べたい?」
「え?夕飯?」
朝なのに夕飯の話?といわんばかり。彼は少し考えると
「からあげかな…マユは?何か食べたいのがあるの?」

やっっっぱり完全に忘れてるーーーーーー!!!!

すっかり機嫌が悪くなった私は、アルバイトに行く彼を見送りもせず、そこから一切口もきかず。
部屋で「プレゼント渡したからって、終わりじゃないんだよ〜〜〜っっ」って怒って泣いていた。

最っっ低。だいじなだいじな日なのに忘れるなんて…

すると彼は「じゃ、行ってくる。すぐ戻るから、でかける準備しててね」と言って出て行った。

「あぁ、きっとあたしの態度の異変で今日のことに気づいて、急に『出かける準備して』とか言いやがったな。」
と思うといっそう腹が立った。

少したってから、朝言ってた「からあげ」をやっとこうかとも思ったけど、生姜がないことに気づいてやる気をなくし、結局出かける準備も夕飯の準備もまったくせずごろごろしていた。

しばらくして彼が帰ってきて、「マユの好きなシーフード食べに行こう」と言い出した。
私はその前から気分が悪かったので「ひとりで行ってくれば」とかむちゃくちゃいって準備せずにいたけど、とはいえお腹は空いたので、しぶしぶ着替えて外出。

車の中で私は彼にきいた。「今日記念日だってこと、いつごろ思い出したの?」
「最初っから覚えてたよ」
「またそうやって適当に答えてさ〜。朝ごはんのとき、夕飯何が食べたいか聞いたのに、からあげとか言ってたじゃん」
「………」
(ほら、何も言い返せないじゃん)
「もうさぁ、こんな簡単に忘れるならこの日記念日にするのやめようよ。自分が言い出したんじゃん。この日を決めたのも、結婚してからもお祝いしようってきめたのも。」
「………」
(さすがに反省してるな、こいつ)
「しかもさぁ、ずっと遠距離だったから、記念日を一緒に過ごすの初めてなんだよ」
「あぁ、そっかぁ〜!そうだね!」
(なに喜んでんの?あんたのせいで今日ぶちこわしなのに)
「何食べたって同じだよ、もう。海までなんか行かなくていいよ。重要なのはどんな風に過ごすかより、今日のことを覚えてるかってことなんだから。覚えてなかったんならもういいんだって」
「……でも、せっかくここまで来たから」

私は言うだけ言うと、それでも黙って楽しそうに運転する彼が急にかわいそうになったし、まぁたしかにシーフードも楽しみだしで機嫌がよくなってきた。

ニューポート・ビーチのクラブクッカーという、こじんまりしたお店に私たちは入った。
夏に一度来たことがあったけど、ソフトシェルのからあげがおいしかったので、
また絶対来たいと話していたお店だ。

到着までにすっかり機嫌が直った私がうきうき彼のあとをついて店に入っていくと、彼が片手に紙袋を持っているのに気づいた。
「なに、それ?」
「プレゼント。前にマユが買いたいけどもったいないな〜って言ってたもの。」
「プレゼントって、前にもらったじゃん」
「プレゼントっても今回のはたいしたのじゃないから。」

私、何も準備してなかったのに…

「それ、いつ準備したの?」
「前もって準備してたんだよ。花だけ今日買った」
「花?!」
「トランクにある。でも後でね。明るいうちに海で渡そうと思ったから急ごうと思ったんだけど、暗くなっちゃったから」

暗くなっちゃったのはあたしがぐずぐずしていたせいだ。

どうしよう…彼は覚えてたんだ。
私だけが今日1日彼のことずっと怒ってて、それでいてほとんど何も考えてなかった。どうやって喜ばせようとか。

私はさっきまでの自分が急に恥ずかしくなった。

さぁ、いつものブログの調子にもどって、写真ペタペタ行きますっ☆
料理の写真、全部暗くてごめんなさい。
THE CRAB COOKERのクラムチャウダーはホワイトじゃなくてトマトソース。食べきりサイズでおいしい♪パンもおいしいです。

これがおいしいんだぁぁ〜。ソフトシェルクラブのからあげ。ジューシーで油っこいけど、そこがまたおいしい☆

それと、コンビネーション。串にエビとお魚とホタテと野菜が刺さってて焼いてある。フライがよかったけど、頼み間違えた…でもおいしかったです。

すっかり機嫌の直った私と、サプライズ成功しただんなさん。
顔が似てるとよく言われます。


ご機嫌で家に帰った後、バラの花束をもらいました!花束なんて、小学校の卒業式以来だわ!まして男の人からもらうなんて初めて(悲)なので嬉しい〜。
てか、うちのだんなさんをよく知ってる人はわかると思うけど、彼は決してモテるタイプでもなく、女心がわかるタイプでもないんです。
韓国の男の人=ロマンチストってイメージがある人多いみたいだけど、彼はまったくなんです。韓国ドラマをみて、あぁいう恋愛がしたいわ〜って思った人がうちの彼とつきあったらガックリするだろうなぁってタイプです。まぁたしかに一途は一途だし、私よりはだいぶロマンサーだけど、記念日に花をくれるなんてどうして思いつこうかってタイプなので、ほんとビックリでした。「なんで花を贈ろうと思ったの?」と聞くと、「前にショーンから赤いバラをもらって以来赤いバラが大好きだって言ってたから」
よく覚えてたね〜(涙)

心のこもったお手紙もくれました。お手紙はいつもくれていたけど、結婚して一緒に住み始めてからもらうのってやっぱり違う。
チーズケーキも買ってきてくれてました。だからバラ1輪だけ横に飾ってみた。こうやって1輪だけ飾ると、Boyz II Menのコンサートの後みたい。

結婚式以来のケーキカット。結局少しだけ食べて、残りはみんな友達に。


私、記念日のことごちゃごちゃ言いながら、何にもしてあげなくてごめんね。と思いました。
「前にお互いプレゼント贈りあったから、もういいやってマユが思ってるんじゃないかと思ってサプライズにしたの。だから覚えてないふりしてたけど、途中からマユが怒り出したからかわいそうだったなぁと思って」

彼、いつもサプライズしようとして私に見破られたり、思わず言っちゃったりしてたけど、今回はほんとに大成功でした。

夕方までは「今日のこのサイアクな記念日、墓場まで持ってくわっっ!!」
て思ってたけど、彼のおかげで、さっきまでとは違った意味で一生忘れられない記念日になりました。

あまりに嬉しかったので、次の日自作のカードでお礼のお手紙と、手作りの写真入りのキーチェーンを渡しました。手作りモノだいすきなのでとっても喜んでくれました。

この日記、正直書こうか迷った。
こういうのって結局嬉しいのって当人同士だけだから、他の人にとってはどうでもいいことだからね。「おめでと〜。よかったね」としか思いようがないからね。

また、これによって「あたしの彼もォ〜〜記念日のときィ〜」とか張り合って語られてもうざいし、
また「全然たいしたことないじゃん。うちらのほうがすごい」とかバカにされるのも不本意だし。
または誰かを触発してしまったり。
「俺の方が、彼女にもっとすごいサプライズやってやるやいっ」とか。うぜー。

それと、次にやってくる第1回結婚記念日がこれを上回らなくてはいけないというプレッシャーにも勝手にかられるし(笑)…

だから自分の心の中にとっておこうとも思ったけど、
初めて一緒に過ごす記念日も、結婚して最初の記念日も、もう2回目はないから。
それにこの日の嬉しかった気持ちとか、
恥ずかしかった気持ちとか、
泣きたかったこととかきっと忘れていくから、まだ記憶が鮮明なうちにと思って急いで書いちゃった。
誰が何と思おうと、知〜らないっと。


ジョン様と私。(結婚準備〜結婚式)
2007.09.24 Monday
ダブルでおめでとう。
お赤飯は、友達のさっちゃんが送ってくれたもの。お祝いの日に食べよう、ととっておきました。写真用にわけて盛り付けたけど、となりはカレー。もちろんバーモント(笑)

これはだんなさんのリクエストのえびの天ぷら。

9月にうちの家族が旅行に来て、帰国後家に帰ってポストをみたら、私たち夫婦&その家族が待ちに待っていたものが。

それは…大学院の合格通知。
あぁぁ〜よかったぁぁぁ〜。ほっと胸をなでおろしました。

TOEFLの点数はじゅうぶんとれてたし、書類も悪いとこないし、落ちる理由ないじゃん?!て言ってたものの、通知が届くまではやっぱりとても不安でした。

でも、3年(かかりすぎだし)英語がんばった甲斐があったね〜。おめでとう♪
そして、この秋から晴れてアメリカの大学院生に…☆
PARIS BAGUETTEでケーキも買ってきた。


もうひとつのおめでとうは、今年は9月21日がだんなさんの誕生日でした。
ほんとうに生まれた日は77年の9月23日なんだけど(平瀬と4ヶ月違い♪)、
韓国では陰暦で計算するので、今年は21日なんだって。
めんどくせー。
平瀬のときはオンタイムに特集まで組んだくせに、遅れちゃったよ…ここに書くの…
30歳おめでとう☆

今週末忙しくなりそうだったのでプレゼントは誕生日の2日前に渡してしまったのだけど、当日は当日で何かしてあげようと思ったら
「オッパはマユコがオッパの誕生日に楽しい気分でいてくれたら、それでじゅうぶん。何もしなくていいよ」
といってくれて、ちょっと感動。
で、ほんとに何もしませんでした(笑)

あ、でも朝はもちろんワカメスープを作ってあげました☆
調味するとき、適当に作っていたのでいいときとしょっぱいときがあったけど(笑)、ようやくだんなさんの好みの味付けがわかってきました。


多くの大学院は入るときGREっていうテスト(だんなさんの専攻は英・数)をうけるんだけど、この大学は入ってから最初のクォーター中に受ければOKとのことなので、試験はこれから。
授業+GREの試験勉強ということで、この秋は忙しくなりそうです。

私は相変わらずの生活だけど、秋から働き口がありそうな感じです。
今週末、お仕事に行ってきました。
そのことはまた別の日記に書くとして。。。。

とにかく、だんなさんをめいいっぱいサポートしてあげられるようがんばります。





ジョン様と私。(結婚準備〜結婚式)
2007.07.14 Saturday
マックグリドルは別れの味
久しぶりに、マクドナルドのモーニングメニューにある、マックグリドルを食べた。
私が渡米する少し前に日本にも上陸したので知っている人も多いと思うけど、

食べたことないセレブたちのために一応説明すると、
これまでの朝マックにあったマフィンの間に入っているソーセージやエッグやハムなどが、マフィンの代わりにホットケーキのような甘いパンケーキに挟まっている。
そのためカロリーは高めだが、これ1個でかなりのエネルギーがとれる。

このメニューは私が留学時代〜帰国後遠距離恋愛中に、よく食べた。

学生の頃から朝マックを食べたいために何度も早起きを試みたが、一度も成功したことがなく、今もその記録を更新し続けているのだが、
そんな私が決まってこの「マックグリドル」を食することができるときがあった。

それが、別れの時だった。

飛行機に乗ってロサンゼルスから日本に帰るとき、だいたいコリアンエアーを利用する私はいつも10時45分(サマータイム時は11時45分)の飛行機なので、
空港でチェックインが終わるとだいたいいつも9時半くらい。
それから出国までの1時間と少し、空港のロビーで最後に彼と一緒に過ごすことが多かったのだが、そのときは毎回ロビーにあるマクドナルドで朝ごはんを食べていた。

前の日にさんざん泣いているので、
「また会えなくなるの、さみしいィィ〜」
なんてかわいらしく泣くこともなく、淡々とマックグリドルのコンボを注文し、何気ない話をしながら黙々と食べる。

お互い口にはしない。次会うまで、またかなりあるねぇ、とかは。
それは留学当時、彼からもらった手紙を見て以来、しなくなった。しないように心がけていた。

「マユはわかっていない。マユが日本に帰るとき、僕はいつも笑っているけど、いつも心の中で泣いてることを。さみしくない、さみしくないって言い聞かせてることを」

そうだね、せっかく会えたのに、最後泣いて別れるのは嫌だね。
まわりから見た目も微妙だし。
泣いても笑っても帰るんだし、なら笑おうと。

でも、お互い心の中は泣いている。

毎日一緒にいる今でも、そうなってからはじめて食べたマックグリドルはちょっと、そんなせつない味がした。

これから食べ続けたら「ふたりいつも一緒の味」に変わっていくんだろうか…





ジョン様と私。(結婚準備〜結婚式)
2007.05.28 Monday
結婚式直前。
2月1日 美容院に行く
今回はホテルではなく地元の美容院に、カラーを直しに。

2月2日 受付&スピーチをお願いした方と会う
当日の受付の話などをして、相談にのってもらいました。

2月3日 エステ
地元のエステで、直前ということでデコルテのマッサージなどをしてもらいました。

2月4日 小物最終確認
音楽CDに追加があったのでそれを作って、ネイルチップを塗って、あと彼の家族へのおみやげを用意しました。あとは席次表・席札の追加分を作ったり。1個でも間違うと大変!

2月5日 エステ
デコルテのシェービング。肌が弱いのでもっと早くやるべきだったんですが、何事もなくてよかったです。

2月6日 ホテルへの支払い締め切り&荷物持込
ホテルに預ける荷物をいろいろもっていきました。ひとつひとつのテーブルに置くものをすべて確認。プチギフトや両親へのプレゼント、当日着るチョゴリもこの日あずけました。

2月7日 こまごましたものの準備
当日の時間にそったスケジュールを作って、うちの家族と彼の家族(韓国語で)、そしていろいろお願いしているイトコにわたしました。その人にしてほしいことが書いてあるところにマーカーして、補足を書いたり。

2月8日 結婚式前日!
朝、最終エステに行って、その後成田空港へ。
彼とその家族、そして韓国からもお友達がひとり来てくれたので、彼らを出迎えに行って、その後宿泊ホテル近くで夕食を食べて解散。彼は家族とともにホテルに宿泊、私は家に帰りました。

その他、書ききれないことも色々ありますが、
大変だったのがやはり彼の家族が日本語がわからないので、
当日誰が美容室まで誘導するとか、どこで何時に待ち合わせるなど、私がいない部分を綿密に決めておかないといけないということに精神的に緊張しっぱなしでした。
その他、いつまでたっても人数が確定しなかったりとか、
他の人に何か頼んであったことがいつまでたっても返事待ちだったりとか、
意外と自分のせいじゃないドキドキが多発するので、気分転換も取り入れてしっかりご飯を食べておかないと、まいってしまいます。
これから結婚式をされる方、がんばってください!








ジョン様と私。(結婚準備〜結婚式)
1/6PAGES >>