Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< 長期戦ダイジェスト 第2週 初泣きとシアボジのホジュン熱 main セッビョル・マーケット >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2009.12.18 Friday
長期戦ダイジェスト 最終週 後編 弁当バトルの結末と終戦
最終週は前・後編あります。
前編はこちら。

★17日目(12月9日)★

弁当作り最終日。この日はめずらしく穏やか。
シオモニが「もやし、今日はあたしがナムルにしようか?」
と優しく話しかけてくる。
「あ、じゃあお願いします」と私も笑顔。
「あんたの作るのもね、おいしいのよ。韓国の味と違うから言っただけなの」
「ああ、いいんですよ」
「マユコが毎日1人で弁当作るの大変だろうから、手伝いたかったの」

その気持ちはありがたいけど…。と思いつつ、私も一応
「せっかく旅行に来てるのに、手伝わせちゃって悪いなと思って…」
とあわせてみた。
「いいのよ!だってあんた1人じゃ大変なんだから!
女2人いるんだから手伝ってあげないでどうするの」

…いや、2人でやる方が1人の何倍も大変です…って思いつつ、
「すみません。ありがとうございます」と笑顔。

さらにシオモニ
「玉子焼きも、野菜入れなくても、
塩コショウ入れれば卵の臭みがなくなるのね。あんたから習ったわ」
どーしたの?!逆に怖い!と思いつつ、
「でも野菜入ってる方が、色がきれいですもんね。私も時々入れてるんですよ」と笑顔で答えてみた。

そう、この距離感が大事なんです。
きっと、これが本来あるべき姿なんです。嫁と姑。
心に何を抱えていても、笑顔の仮面でオールOK。ビバ!事なかれ!

私は今までずっと、いつでもこの距離を保ってきたつもりだったけど、
今回はあまりに土足で踏み込まれたので、
私もかなり言い返したなぁ…

まぁ言い返しても静かなのはそのときだけで
後ですっかり忘れて根に持たないとこ
(だから毎日同じことの繰り返しなんだけど)
がうちのシオモニのいいとこでもあり、
だからこそ私も気軽に言い返せるってのもあるんですよね。

日本やアメリカの一見穏やかなシオモニに仮面をかぶられ、
こんな一見穏やかな会話を毎日繰り広げていても、
きっと居心地はいいものじゃないだろうし。

そしてどんなにいい姑でも、嫁が気を遣うことには変わりないし。

逆に姑も、嫁がいくらいい子だったとしても、
気を遣ったり面倒だったりするんだろうし、
(と言いつつ、うちのシオモニは、少しは私に気遣ってほしいと思う…)

いつまでたっても、どこの家でも息子は彼氏、嫁はライバル
みたいな気持ちは少なからずあるんだろうし。

どうせそんな関係なら、ある程度歯に衣着せず言い合える関係も、
考えようによってはまぁ、いいのかも?とも思ったり。

ヒョン様もこの日は「俺キムチ炒め作る!」と言って、作ってくれました。

この日のお弁当は、
ごはん、玉子焼き、ほうれん草ナムル、もやしナムル、チキンと唐辛子炒め、キムチ炒め。
私が作ったのはこの日は玉子焼きだけでした。
もやしナムルはシオモニ。
ほうれん草とチキンは前の日の残り。
キムチ炒めはヒョン様。
ちなみに今日は文句覚悟でごはんに日本からのお土産の鶏そぼろをかけてみたけど、「これ何?」と聞かれただけで何も文句無かった!
ならごま塩のときだってあんなに怒らなくたっていいのに…。

とにかく、みんなで力をあわせたお弁当ができました!

ジョン様を送った後、私は大学で学校グッズを買いに学校の本屋へ。
大学グッズは前にみんなで学校を観に来たときにショッピングする予定だったんですが、その日本屋が早く閉まっちゃって買えなかったんです。
でもジョン様が通う学校のTシャツとか持っててほしかったので。
家族みんなに、Tシャツを買いました。

それから1人でスポーツショップへ。
数日前ヒョン様が行きたいと言って行ったお店で、
シアボジがColombiaの登山用?ジャケットをすごく気に入ってたんですが、結局買わなかったのが私ずーっと心残りだったんです。
だって、ヒョン様が同じ店で彼女のお父さんに買ってあげてるんだよ!
自分のお父さんにまず買ってあげなさい!って思ったけど、
「俺はいいよ」というシアボジ。
それを、内緒で買いに行きました。

帰ってきて「遅かったじゃない!」と怒られるかと思い、
ヒヤヒヤしながらドアを開けると、
シアボジだけがリビングで寝てました。
起こさないようにそっと自分の部屋に入るも、ヒョン様とシオモニ見当たらず。
どうやら近所を散歩してたらしいんですが、
おかげで大きな包みを見られなくてよかった。

それから、「友達が誕生日なので、プレゼントを買いに行くんですけど…」
とシオモニを誘って、2人でショッピングへ。
ここでは今回旅行にこれなかったジョン様の妹と、
あとヒョン様の彼女に贈る洋服を内緒で買いました。

シオモニとヒョン様はこの2人の服を買うときいつも
「マユコ選んで!」と言うので。
私が選んでプレゼントしたいな、と、この長期戦前から思っていたんです。

サプライズのプレゼントは夜ジョン様と一緒に渡しました。
みんなとっても喜んでくれて、よかった。
それとひそかに数日前から手紙も書いてあって、
プレゼントと一緒に渡す予定だったんですが、渡すの忘れてしまった(バカ)


★18日目(12月10日)★

この日はジョン様
「午前中だけ用事がある。昼前に帰ってくるから、午後はみんなで出かけよう」と言って出て行ったきり、結局長引き、帰ってきたのは夜7時過ぎ。
コンピューターの仕事ってこういうこと多いんですよね…
思ったよりいろんなことに時間がかかって。
私はこういうので待つのはもう慣れっこだけど、
シオモニはイライライライラ。

でもこの日ばかりは私もイライラしましたよ。
そうまでして今日行かなきゃいけなかったの?家族が来てるのにって。

車も乗ってってしまってるのでみんなで家でゴロゴロしてました。
みんなは昼過ぎまで寝てたので、私はその間に大学院の出願で提出するエッセイを書いて、
その後はリビングでシアボジとシオモニと談話。

この日のジョン様の用事ってのが、
知人に頼まれたパソコン関連の仕事だったんですけど、
人がいいのでそこのおっさんに軽く利用されぎみなんです…。
結局、「ジョン様がいかにお人よしで困るか」
というトピックについて3人で大盛り上がり。
このトピックに関しては、シオモニと私は意見が完全一致なのです…


★19日目(12月11日)★

この日は最後の日なので、1日遊ぶ予定だったのに、
ジョン様が学校の仕事をまかされ、家で作業。
雨も降ってるし、結局最終日まで家でゴロゴロ。
その後、ヒョン様とシオモニを連れてCOSTCOへ買い物に。

夕方はもうこのダイジェスト中にも何度も登場している韓国人のおばさんと、
そのご主人と甥っ子とチャイニーズビュッフェへ。
おばさんとシオモニ、全く性格合わないので、間にいる私が一番緊張する…
帰ってきた後、お土産のウィスキーを買いに全員でスーパーへ出かけ、
ついでにドラッグストアを見物&買い物。

そしてリビングで大騒ぎしながら、ジョン様もまじって荷造り。
私はかなり疲れていて、先にシャワーを浴びさせてもらう。
部屋で休んでいたら、リビングから声が。

どうやらシオモニがイモ(お母さんの妹。超仲良し)に
Skypeで電話してるらしい。
夜になると、毎日韓国のどっかしらに電話してるんです。

聞きたくなくてもみんな声がでかいので、
ドア閉めてても丸聞こえ。
普段は聞きたくないのでイヤホンしたりしてるんですが、
この日はまーいいや、と思ってイヤホンもせず、
そのまま部屋で自分のことをしていたんです。

そしたら
「マユコはほんとにいい子。家事も完璧でね、料理もすごく上手なの。
韓国料理もおいしく作れるし、お弁当も心をこめて毎日キレイにつめてて、
教授も毎日おいしいって。
ジョンテクはラッキーだって褒めてくれてるんだって。
出かけるときも、息子達はどんどん先に歩いて行っちゃっても、
マユコだけは待っててくれるのよ。
ごはんもあたしが食べ終わるまで黙って一緒に座ってるし。
家具も食べ物も食器もきちんと整理されてるの。
英語も車の運転も上手で、
ジョンテクが学校でいない日は毎日買い物や散歩に連れ出してくれたの。
あの子がいるといないで気持ちが全然違うのよ。落ち着くの」


…よかった…満足してくれてる…
なんだかほっとして、ごろんと横になったら、そのまま朝まで寝てしまった。


★20日目(12月12日)★

そして、最終日なのに朝寝坊。
6時にみんなで朝ごはんを食べる予定だったのに、
7時にシオモニがドアをノックする音で起きる。
「うわ〜すみません!!!最後の食事だったのに…!」
「いいのよ!あんた疲れてるんだから。
もっと寝かせておきたかったけどもうそろそろ出発する時間だから」
最後の食事なのに、シオモニに用意させた上
一緒に食べられなかったことがとっても申し訳なかった…

その後も
「あたしたちがいる間、マユコ大変だったね。自分のことも何もできないで。
お弁当も、毎日大変だったね」と言うシオモニ。
まぁお弁当が大変だったのはシオモニのせいですけどね(爆)

空港に着いた後、コーヒーを飲みながら談話。
そして出国時間に。
みんなさびしそうな顔だった。きっと私も。
泣きそうになったけど、人前で泣きたくないのでこらえる。
でも今回はさすがに悔し泣きが多かったので、
涙も枯れていたのか意外と平気でした(笑)
数日前に渡しそびれた手紙を渡そうと持ってきていたのに、うっかりしてて、
最後の最後に気づいてあわてて呼び止めて渡す。

その後、レンタカーを返して、私は家で冷蔵庫の整理。
ジョン様は仕事で学校へ。

私は無心で冷蔵庫を片付け…
今までシオモニのやりたい放題でぐちゃぐちゃだったのを
ようやく片付けられて、すっきり。

ジョン様が帰って来てから夕ごはん。
みんながいたときと同じように、
目の前に小さなおかずと汁物をたくさん並べ、
2人きりで向かい合ってシーンとしたとたん、なんだか悲しくなり涙。

ぼろぼろ泣きながら、
シオモニの作ってくれたほうれん草のテンジャンチゲを食べました。
今まで3週間、ばったばたで大忙しだったけど、
それが急になくなるとこんなにさみしいのかって思っちゃう。




でも…一緒に住むのは絶対に嫌です(爆)




 


韓国滞在記とか。
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
comment




/PAGES