Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< 韓国語で韓国料理!冷麺 main ベビーシューズの不思議なはなし。 >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.06.19 Sunday
たんじょうび
  
(注:クリックすると音の出るページが開きます)

3月11日の東日本大震災について、
このブログでは一言も触れていませんでした。


当時日本の実家にいた私は体調も悪かったのもあったし、

さらにこの日の夜から実家のインターネットがつながらなくなってしまった
(震災のせいではなく私のパソコンの問題だったみたい)
というのもあるけど、


やっぱりなんだか書けなかった、
ショックが大きすぎて言葉にならなかった、
というのが一番正直な気持ちです。


自分がもともと震災の前から体調がよくなかったということも重なって、
さらに不安や恐怖を煽る震災のことを書き残す気持ちに、
全くなれませんでした。


それは、このブログだけではありませんでした。
ツイッターでもそうでした。

サッカーの関係で仲良くさせてもらっている方が多いので、
鹿島と仙台の友達がほとんどで、
震災当日〜アメリカに戻ってくるまで、
ツイッターを読むこともあまりできませんでした。

弱虫な私は、現実に起こっていることから目をそむけていたように思います。



今も、震災のことをこのブログに残す気持ちにはまだなれません。


それから、友達とのメールでもそうでした。


地震や津波でも大きな被害を受け、
さらに原発の恐怖とも隣り合わせになっている、
私の大切な親友のことすらも、
なかなかいたわったり励ましてあげられませんでした。


なんだか、何て声をかけても月並みなうすっぺらな言葉になってしまって、
気持ちが伝わる気がしませんでした。


震災に関係なく、
今年の初めあたりから、自分の体調不良を言い訳に、
それまで頻繁にやりとりしていたメールも手紙もおろそかにしてしまって、
なかなか今までみたいに元気に振舞えなくて心配ばかりかけてしまった。



そして震災の後も、
被災地でもっともっと、想像以上に大変な思いをしている彼女に、
何て声をかけてあげたらいいかわからなかったし、
メールもなかなかできなかった。


だけど、体はなかなか言うことを聞いてくれなくて、
やっぱりメールはなかなか書けませんでした。


そして、アメリカへ帰るのを目前に体調はどんどん悪くなっていきました。


そんな気持ちを抱えたまま、3月の末に無理やりアメリカに戻ってきました。

今は私の体調もだいぶ善くなって、
疲れやすいもののほとんど普通の生活が出来ています。


そして、日本も地震の被害からどんどん立ち直ろうとみんなで頑張っていて、
ツイッターやインターネットのニュースなどでも、
明るい内容のものが多くなってきました。



だけど、私の親友は今も原発からさほど遠くないところで、
不便な思いをして生活しています。


ツイッターで時々見る彼女のつぶやきには、
数回に1回、震災や原発のことが書かれています。


彼女に対して、私にしてあげられることは何かな?
っていっぱいいっぱい考えたけど、
何もいいことが浮かばなくて、


結局どう声をかけたらいいかよくわからないまま、
当たり障りのないことしか言えないまま、
震災と何の関係もない他愛無い話しかできないまま、
というか笑い飛ばせるようなアホな話しかできないまま、
ここまで来てしまいました。


だけど、気持ちの中ではずっとずっと応援しています。
そして、早く彼女に普通の生活が戻って来るよう、心から願っています。

それから、こんな表現は適切なのかわからないけど、
無事でいてくれて本当によかったです。ありがとう。



そんな中で、
彼女と仲良くなってから、今日が3回目の誕生日です。



どうか、彼女が毎日を笑って、幸せな気持ちで過ごせますように…☆
毎日、毎日、遠くから祈っています。


そして、彼女が笑って幸せでいられるお手伝いを私が出来るのなら、
いっぱいいっぱいしてあげたい。
「もういいよ、しつこいよ」って言われるくらい(笑)


こんな不器用な感じになっちゃったけど、
こんな私で申し訳ないけれど、
いつも仲良くしてくれて本当にありがとう。
日々、感謝しています☆


そして、お誕生日おめでとう☆30目前の(余計なお世話)








ほんとにひとりごと。
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES