Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< アメリカでの妊婦生活☆産婦人科探し main アメリカでの妊婦生活☆マタニティウェアと腹帯文化 >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.06.23 Thursday
アメリカでの妊婦生活☆産婦人科での初診(21w2d)

4月7日。
いよいよ初めての病院です。

まだつわり?をひきずって具合が悪かったし、
この日は緊張も手伝って体調も最悪。
ジョン様に付き添ってもらい、初めて病院に行きました。

アメリカの病院って、全部がそうじゃないんだろうけど、
入ってすぐ「病院だー!」って感じが全然しなくて、
廊下にも待合のいすとか全然なくて、
デパートメントごとにドアがついてて、その中に待合室があって受付があって…
て感じなんですね。

緊張しつつドアを開けて中に入ると、
そこからは普通の病院みたいになってます。

まずは何ページにもわたる問診表を記入。。。
案の定、わからない英語ばっかり(*_*)
でも問診表に関しては、前にも書いたことがあったので、
わからないとまずそうなところ以外は
「だいたいこんな感じだろう」って感じで記入(コラッ)

サインを求められてるところは、危ないので注意深く読んだけど、
当時の私は、つわりでまだ何か書いたり読んだりするのに下向くと気持ち悪くなってたので、
もう〜必死でなぐり書きしました(笑)

それから、尿検査と体重測定・血圧検査。

日本の病院で、
尿検査と血圧は病院に着いたら自分でやることになってたんですけど、
なぜか血圧と脈拍が異様に数値が高くて、
何度も測りなおしさせられてたので、今回も緊張…
でも看護婦さんが優しかったので、意外と大丈夫でした。

日本でも気にしていた体重は…
3月11日のあの震災の日がちょうど病院で、
その日に病院で測った以来、実は体重計に乗ってなかった私。
さらに、震災のショックで、少しずつよくなってきていた食べづわりが悪化し、
かなり食べていたので心配でした。

体重はパウンドで出るので、 「?」って感じでした。
看護婦さんに妊娠前の体重を聞かれて答えたけど
(これはジムでもよく聞かれたし、免許証にも書いてあるので覚えてた)
特に看護婦さんの反応もなかったので気にしませんでした。
家に帰るまでは…


家に帰って、パウンドで聞いてきた体重をキログラムに換算してびっくり。
何この増えよう!!!!!
一気にショックでした。


それはさておき、いよいよ先生との初対面です。
おじいちゃん先生を想像してたのですが、おじさんでした(失礼な感想)
韓国語で話すのと英語で話すの、どっちがいいか聞いてくれたので、
韓国語と答えたんですけど、英語も混ぜて説明してくれてます。
親日家の先生だったので、ひと安心。

そして、横になって超音波です。
アメリカの病院では日本みたいに定期検診に行くたびに超音波を見るのではなくて、
24週くらいと、32週?くらいの2回しか見ないと聞いていたので、
みてもらえたのは嬉しかったです。

そして先生…うわさには聞いていたけど、
むだな話が多い。
全く検診に関係ない、雑学みたいのを延々と話しながらの超音波(笑)。
ジョン様は産婦人科が初めてなので、
初めて見る超音波の映像に集中したかったみたいだけど、
いったい何が何なのか、説明してくれなかったので全然わかんなかったみたいです。
ていうかわたしも見てて何がなんだか全然わかんなかった…
日本の機械よりだいぶ古いんじゃない?あれ。

でも、そんな雑学にまじえて急に先生
「女の子…みたいだね。」
えっ?思わず聞き逃しそうになっちゃったよ。

それまで、周りのみんなに「きっと男の子だよ」
とあまりにもたくさん刷り込まれ、自分でも
「きっと男の子なんだろうなぁ」と勝手に思い込んでいた私は、
先生のその言葉に耳を疑ってしまい、いまいち信じ切れなかったのですが、

ずっと「どっちかっていったら女の子がいいな」と言っていたジョン様は大喜び。
「まだわからないから…」といって両親にしか打ち明けなかった私をよそに
(まーその時点で親戚にはやや広まっていただろうけど・笑)
「女の子だって」と家族やら友達、みんなに言いふらすジョン様。
何回その後に「まだはっきりしないんですけどね」って付け加えたかわかりません。

とにかく、この日の診察はこれで終了。
先生から言われたのは

☆牛乳を1日3杯飲むこと。
☆食事は少しずつ、5回くらいにわけてとること。
☆食事の後は1時間くらい休むこと。
☆気分が悪いときは、背中を丸めないこと。
☆ジュースなどの甘いものを飲みすぎないこと。

などのアドバイスでした。
そして、先生からサプリメントの処方箋をもらって終了。
この日の支払いはCo-payで$10.00でした。

そしてここでの診察の後、同じ建物の1階ロビーにある薬局で、
処方箋を見せてサプリメントをもらい、
その後、別の検査センター?のようなところ
(同じ敷地内ですが、別の建物でちょっと離れてるため車で移動)
で、血液検査をしました。

日本の病院からの紹介状を渡して、
日本の検査で足りないものを補う血液検査だったみたいです。
一気に3本。


これで終了です〜。次の診察は4週後。

ところで、今日もらってきたサプリメント、30日分で$90もするんです!!
全部保険がきくからいいんだけど、
どうやら私たちが現金前払いしないといけなかったようで…。
急に現金$90ってきっつい出費ですよね。
しかもアメリカのサプリメント超でかいから嫌なんだよな…(*_*)

サプリメントのことは、また別に書きます☆





アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES