Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< アメリカでの妊婦生活☆第1回超音波検査(25w6d) main アメリカでの妊婦生活☆サプリメント >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.06.28 Tuesday
アメリカでの妊婦生活☆産婦人科での定期検診#3(29w0d)とAFPテスト?

5月31日。

アメリカで3回目の定期検診です。

体重と、
このまえのグルコーステストの結果が心配ではあったけど、

前回の定期検診から毎日体重をはかってたし、
グルコーステストの結果の電話も
特にかかってこなかったので、まぁ大丈夫でしょう!


とりあえず、着いてすぐ尿検査。
自分で採尿して、自分でリトマス紙みたいのをつけて、
色が変わったその紙を看護婦さんのところまで持っていって見せ、
何もなければまたその紙をトイレまで捨てに行くという完全セルフサービス(笑)


糖が心配だったけど、今回は大丈夫だったみたいです☆
血圧も心配ないし、体重も前回から約500g増☆
毎日食事をきちんと考えて作って、
ウォーキング1時間してた成果がありました。


そして、先生の診察です。
今日はいつもの韓国人の先生ではなくて、別の女性の先生でした。
なんかいつもの先生より若いのもあってか説明が丁寧でよかったな(爆)

先日のグルコーステストの結果も、
改めて先生の口から「異常なし」と聞いたので、一安心です。

その後、おなかに器械をあてて心音を聞きました。
今回の先生はひとつひとつ
「おなかの大きさも標準ね。」
「これが赤ちゃんの心音よ。赤ちゃんの心拍数も異常ないわよ。」
と、説明してくれてよかったです。


それと、前回のグルコーステストで、
鉄分の値がかなり低かったとのことで、鉄剤が追加されました。


定期検診は難なく終わり、次は2週間後。
これから、2週間ごとの検診になります。日本もそうですよね?
なんかいよいよって感じです。


最後に、
私は20週までに妊婦さんがするAFPっていうのをしてないので、
同じ建物の別の階で、
カウンセリングみたいのをしなきゃいけないと言われて、
予約しました。

何のカウンセリングなんだ…?
と思って、家に帰ってAFPについて調べたら、
20週までに行う血液検査のようでした。
私がアメリカで初めて診察を受けたのは21週だったので、
すでに遅くてこのAFPっていうのに間に合わなかったみたいです。

間に合わない人は血液検査の代わりにカウンセリングなの???
と疑問を抱えつつ…。


これについてはまた別に書きます。




アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES