Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< アメリカでの妊婦生活☆サプリメント main アメリカでの妊婦生活☆AFPテストとハイリスク妊婦 >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.07.02 Saturday
アメリカでの妊婦生活☆産婦人科での定期検診#4(31w2d)

6月16日。

2週間ごとの検診になってからはじめての定期検診です。
いつもどおり、完全セルフサービスの尿検査と、
体重測定と血圧測定。
その後、先生による診察があって終了でした。

今回もまた別の先生でした。
韓国人の先生、最近会ってないけどこんなんでいいのかしら。

今回も例のごとく超音波はないので、
台に横になって先生がおなかの大きさを測るのと、
おなかに器械をあて、心音だけ聞いて終わりでした。


心配だった体重は、
結局前回(2週間前)より2パウンド(約0.9kg)増えてたけど、
「これくらいの増え方なら大丈夫ね」
と言われてホッ…。



先生が器械をおなかにあてて心臓の位置を探しながら言いました。

「もう赤ちゃんの頭は下に行ってるみたいね」

妊娠32週までに通常は頭を下に向けるって聞いてたので、
私もジョン様もほっと息をなでおろしました。

「でもまだ確定じゃないので、36週あたりにもう一度みるから」
と言ってたんだけど、2回目の超音波のことかな?

鉄分のサプリメントを、
1日2回のところ3回にしなさいって言われた以外は、
何も異常ありませんでした☆


この数日前から本格的に風邪を引いてしまって、
鼻水がとまらなくて思いっきり鼻をかんでることと、
強い咳が出ることを話したら、
風邪薬を処方されました。

よかった…薬のんでもいいのか。

しかし、薬局で薬をもらうとき、薬剤師さんが
「ここには1日4回までって書いてあるけど、これは最高の量だからね。
これを超えたら大変だから気をつけて。
妊婦のあなたには強い薬だから、症状がないときは飲まないで。
本当に症状がひどいときにだけ飲んでね」

とかさんざん言われたので、なんだか怖くなってしまって飲んでません。
ちょうどこの日からだんだん善くなって来て、
咳も鼻水もそんなに出なくなってきたし、
飲まないで済むなら飲まないほうがいいだろうから。

結局、もらってきた風邪薬は、
私がうつしてしまったのか現在風邪気味でダウン中のジョン様が服用しています(笑)


余談ですが、咳が出ることを実家の母に話したところ、
母も私を妊娠している9ヶ月のときに風邪を引いて、
そのときの強い咳で私が逆子になったって言うんです(!)
そして結局、母は帝王切開で産んでくれたんです。

たしかに、咳するたびにおなかの中で赤ちゃんがうごくので、
母の話を聞いて心配になって、
この定期検診の翌日にハイリスク妊婦の定期検診に行ったときに
看護婦さんに聞いたところ、笑った上に

「咳でお腹の子がひっくり返ることはないから大丈夫よ。」

だって。
母に話したら

「あらそう。じゃ違ったのかしら。」

だって。
もー揺さぶらないで!!

でも母も、当時産婦人科の先生にそう言われたんだそうです。
昔はそう考えられていたのかもしれません…??



定期検診はこれで終了で、
最後に検査センターに行って血液検査をしました。

羊水の異常??を見るらしい。。。
なんかここの血液検査って、糖といい鉄といい、
色々ひっかかってるから超緊張します(*_*)

また何かあったら電話かかってくるんだろうなー、と思いつつ
忘れかけていた頃…

病院から電話が!!!

怖いーどうしよう!血液検査の結果に何かあったんだー…!

と、超ドキドキしながら電話をとったのですが、
「鉄分が低いからサプリメントをしっかり摂ってください」
といわれただけでした。

「鉄分だけですか??他は大丈夫だったんですか?!」
としつこく何度も聞いちゃいましたが、
他は異常なかったそうです。

よかったー(>_<)
鉄はなんとかなる(たぶん)!!


それと、
アメリカは産婦人科の場所とお産する場所が違ったり、
産婦人科はあくまで出産までで、
生まれた子供は出産されたその瞬間から小児科にバトンタッチなので、
小児科とお産するメインの建物に、
それぞれ自分で行って予約をしておかないといけないみたいです。。。
Pre-registerといいます。

日本だったらここまでひとつの産婦人科でやりますよね??


同じ病院内なのになんですべてのものが別々なんだろう…
とも思うのですが、
とにかくこれを妊娠6〜7ヶ月(日本の妊娠7ヶ月〜8ヶ月)くらいまでに済ませておく必要があります。


この日は資料と申込書だけもらって帰ってきました。






アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES