Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< アメリカでの妊婦生活☆NST(Non-Stress Test) main アメリカでの妊婦生活☆産婦人科での定期検診#5(33w2d) >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.07.10 Sunday
アメリカでの妊婦生活☆体重管理と食事について

日本の産婦人科で検診を受けていた頃、
助産師さんに体重についてさんざん叱られたとき、
先生が

「まあ、アメリカに行ったら、
これくらい体重増えたところで何も言わないかもしれないけどね」

と言ってたんですが、
たしかにアメリカに来てから、
体重の増え方については先生からも看護婦さんからも全然叱られません。
看護婦さんに「食べすぎなのよ」って笑いながら言われただけで。。。


でも一応、体重の増え方については、
日本ほどではないけれど基準があるみたいです。

妊娠に関連して増える体重は、少なくとも、

4.5パウンド(約2kg)が胸と子宮、そして胎盤。
3パウンド(約1.35kg)が血と水分、
7.5パウンド(約3.38kg)が赤ちゃん、
10パウンド(約4.5kg)が妊娠のために追加される母体の筋肉と脂肪。

トータルで、ほとんどの妊婦が、

25パウンド(約11.25kg)〜35パウンド(約15.75kg)
くらいは増えるとされています。

妊娠前に痩せていた人はそれ以上増える場合もあると。。。
そして、
逆にもともと太めの人はこの数字よりも増えないようにすべきだ、
とのことです。

(WICの資料より)


日本で言われる体重より、少し多い感じかな??


ただ、これ以上増えても助産師さんに怒られたりすることはなく、
あくまで自分の責任のようです。

アメリカは自己管理に任せる国?なので、
体重もいちいち病院で助言してくれるわけではなく、
体重が増えすぎて苦しいのも自分。

苦しいなら自分でそうならないようにしなさい、
というスタンス?みたいです。

運動は、医者に止められない限りはOKで、
内容は医師と相談の上決めるようすすめられます。

おすすめはやはりウォーキングで、
公園でもモールでも、歩きやすいところで
毎日歩くのがいいとされています。

これは日本も同じですよね??
3時間ウォーキングとかすすめられるところもあるとか
聞いたことがある気がします…
3時間ってすごいですね(*_*)


食事については、


こんな感じで。(※イメージです)



具体的な量だと、

※以下は私がWICでもらった資料なので、
1日の摂取量が上の表と違う場合があります。
上の表は成人のもので、私の資料は女性向けです。


☆穀物などの炭水化物系…1日6-9 Servings
1 Serving=
パン、マフィン、トルティーヤなど…1枚
シリアル…4分の3カップ
お米、麺類、オートミールなどの調理したシリアル…2分の1カップ
白いものではなく、Whole Grainのものを食べること。

☆野菜…1日3-5 Servings
1 Serving=
調理したもの…2分の1カップ
生のもの…1カップ
※緑黄色野菜や、さつまいも、かぼちゃなどがおすすめ。

☆果物…1日2-4 Servings
1 Serving=
新鮮な生のもの…中1個
缶詰のものや冷凍のもの…2分の1カップ
ジュース…4分の3カップ
※オレンジやいちご、メロン、マンゴー、パパイヤなど、
ビタミンCを多く含む果物は毎日摂ること。

☆乳製品…1日3-4 Servings(4は育ち盛りのみらしいです・笑)
1 Serving=
牛乳…8オンス(約240ml)
チーズ…1.5オンス(約42g)
カッテージチーズ…2カップ
ヨーグルト、牛乳で作られたプリンやカスタード…1カップ
フローズンヨーグルト、アイスクリーム…1.5カップ
※無脂肪や低脂肪のものを選ぶこと。

☆たんぱく質…1日2-3 Servings
1 Serving=
動物性
肉類(鶏肉、魚肉も含む)…2〜3オンス(約56〜84g)
卵…2〜3個
植物性
調理したドライビーンズ、豆類…1カップ
ピーナッツバター…大さじ4
豆腐…2分の1カップ
※植物性たんぱくは毎日摂ること。

☆脂肪、油分、甘いもの…時々ならOK。

(以上、WICの資料より)


2011年からは、
このピラミッドの炭水化物の部分が減って、
野菜の部分をもっと多めにしようと変わってきたみたいです。

そうだよね。
なんかちょっと多いんじゃない?これでいいの?
って私でさえ思ったもの。

さらに、食べるべきものの中に、
アイスやピーナツバターが入ってるのもアメリカっぽいなー。
と思ってしまいましたが…

そして、日本でも言われるのかもですが、
1日3食ではなく、5〜6食にして、
1回の量を減らすようにいわれました。

そのほうが消化もいいし、太りにくいのでしょう…
間食しないで、1食1食をがっつり食べたい私は、
このちょこちょこ食べがちょっとつらいです(笑)








アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES