Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< 出産に向けて準備するもの☆赤ちゃんのもの編 main 今さら韓国ドラマにハマる。その1 揺れないで >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.07.15 Friday
出産にむけて準備するもの☆自分のもの編

自分のものというか、産後の下着系は、
通常のものが使えるように体が戻るまで、
みんな日本から送ってもらうことにしました。

アメリカでも売ってるものもあるかもしれないけど、
サイズとかも、やっぱり日本のもののほうが合わせやすいし、
安心な気がするので(笑)

日本のオンラインショッピングで注文して、
母に持ってきてもらいます☆

日本に注文したのは、

□産褥ショーツ
□授乳口つきナイトウェア
□授乳用ブラジャー
□フロントオープンのハーフトップ
□産後すぐ用ソフトサポーター
□産褥ニッパー
□リフォームショーツ
□ウエストニッパー


です。


アメリカでお産した人のブログなどを読ませていただくと、
産褥ショーツや授乳口つきのパジャマなどは
病院では使わなかったという人が多いようなのですが、
もしものときのためと、家でも使えるので一応購入しました。

日本にいないから
「迷ってやめたけど、やっぱりあった方がいい!」
って思ったときに、すぐに買いにいけるわけじゃないから、
いらないかもな…と思うものでも念のため。。。


☆→2012年1月22日 追記 ☆

□産褥ショーツ

→家でも病院でも大活躍でした!
悪露のあるうちは、私はずっと使ってました。
でも2枚買ったけど、十分だったかな?
洗濯が頻繁にできなそうだったらもう少しあってもいいかもです。


□授乳口つきナイトウェア

→結局パジャマは、病院では着ませんでした。
病院で2〜3着ガウンを貸してくれてあったし、
(そもそも病院に2日しかいなかったので…)
でも、家に帰ってきてからはずっと着てました。
私は1着しか買わなかったのですが、
母乳の予定だったら、2着くらいあってもいいかもです。


□授乳用ブラジャー
□フロントオープンのハーフトップ

→大活躍!やっぱり下着は、私は日本のもののほうがいいです☆


□産後すぐ用ソフトサポーター
□産褥ニッパー
□リフォームショーツ
□ウエストニッパー

→すっかりさぼり、全く使いませんでした…
だから5ヶ月たつ今もおなかがぽこんと出てるのか…




それ以外にアメリカで用意する自分用のものは、

□母乳パッド(Nursing Pads)
□母乳保管バッグ
病院でサンプルをいただいたものと同じメーカーのものを買いました。
どちらもLansinohのもの。

□授乳クッション
授乳クッションは初めてみたときからBoppyのやつがいい!
ってずっと決めていて、購入しました☆
授乳クッションとして使用した後、
6ヶ月くらいまで赤ちゃん用のクッションとしても使えて、
その後は私の昼寝用にも使えそうなので(笑)

だけどなんかアメリカのってカバーが…
あまり気に入ったのがないっていうか…

なんでクッションとかのカバーってあんなにみんなして派手なのかしら。
早くカバーを作らなくてはです☆


ちなみに、最近になって仰向けで寝るのが苦しくなってきたので、
妊婦用のBoppyクッションも買ってもらってしまいました☆
横になって、またがって使うタイプの抱き枕みたいなやつ。
これも産後昼寝用に使えそうです(どんだけ寝るんだ・笑)。



□大きめのナプキン(悪露対策)
多い日用の生理用ナプキンでいいかな?
とか思って、家にあったのを使う予定なのですが…
まぁ大丈夫でしょう☆

□搾乳機
1個のと2個のがあるんですが、2個のは高いので1個に。
後でお友達に聞いたら、
「結局片方ずつしか使わなかったから1個でいいと思うよ」
と言ってたので、よかったです☆
電動と手動がありますが、
電動の方が使いやすいと聞いたので電動にしました☆


□だっこひも
だっこひもは、私はずっと「これほしいな」
って思っていた日本のサイトのがあったのですが、
その後ネットでERGOのBaby Carrierを見て、
リュックサックみたいにしっかりしてていいなぁ…
これにしようかなぁ…とか思っていました。

しかし結局、BabiesRusで
30ドルくらいで使いやすそうなのを見つけたので、それにしました。
こっちではほとんどごっついストローラーか、カゴ(カーシート)を使っていて、 
なんかあんまり使わなそうな気もするし。。。


くらいかな?
あと用意するものといえば、

□マザーズバッグ

ほしいというよりは、
特別にそういうバッグを持ってないからリストに入れてあるっていうだけで、
今使ってないバッグが家にいっぱいあるので、
その中から色々使ってみて、一番使いやすいものを見つけようと思ってます☆




☆1月22日 追記☆

□母乳パッド(Nursing Pads)
□母乳保管バッグ
→パッドはすごくよかったですが、
別にランシノーのじゃなくても、もっと安いのがあればそれでもいいかも。
ブラにあてとくだけのもので、消耗品ですしね。

母乳保管バッグは結局使いませんでした。
搾乳機についてた哺乳瓶が冷凍・解凍OKで、
私はそれだけで間に合ってしまいました…


□授乳クッション
→これは、本当にすごく役に立ちました☆おすすめです♪
これからは授乳だけじゃなくて、おすわりにも使えそうです。

□大きめのナプキン(悪露対策)
→これも多い日用の生理用ナプキンで大丈夫でしたが、
最初の1週間くらいは血の量が多かったので、

私は退院のときに、看護婦さんに言って、
余分に悪露用の巨大ナプキンをもらって帰りました。


□搾乳機
→電動で、1個ので大丈夫でした☆

□だっこひも
→結局その後、出産祝いにいとこたちから
ERGOBabyのだっこひもをいただいてしまいました!
最近ようやく使い始めましたが、重宝しています☆
ちなみに、自分で買ったほうのだっこひもは、
まだチャレンジしてないので使い勝手がいいかどうか、
まだ不明です。。☆


□マザーズバッグ
→弟からもらったでっかいトートバッグを愛用中。
車での移動や、店内などでもベビーカーで動くことが多いので、重宝してます☆
だっこひもなどで歩いての移動のときは、
小さいトートに、そのとき必要なものやお財布だけつっこんで、
ほにゅうびんや水筒などの重いものを自分のショルダーバッグに入れてます。

※アメリカは日本みたいにどこででもお湯をもらえる感じではないので、
どこに行くにも、お湯は必ず常に一緒に持って歩きます。



出産までに作りたいなと思っているものは、

□Boppyのカバー
今回買ったクッションのカバーも、
売っていた中ではなかなか可愛いほうだったんですけど、
やっぱりあまり気に入らないので自分で作りたいです。

□授乳カバー
授乳カバーは最初存在を知らなかったけど、
日本のネットで見たらとってもかわいかったので、
作ってみようと思います☆

アメリカにも一応あるんですけど、案の定柄がかわいくないうえに、
細かい気配りがなさそうなので(失礼)
使うかわからないけど、
授乳スペースのようなところは基本的にないようなので、
いつでもどこでも授乳できるように。


□スタイ
これも、余力があればいくつか作りたいなと思っています☆

□おくるみ
できれば1〜2枚くらいはお出かけ用に、
自分の好きな布で作りたいなぁと思っています…
アメリカの派手なんだもの柄とか…



□おむつ取り替え用のシート
使い捨てのじゃなくて、持ち歩けるやつ。

実は、使い勝手がどれだけいいのかよくわからないまま、
見た目のかわいさに(日本のサイトです)自分がすっかり気に入ってしまい、
親友の出産のときにプレゼントしたのですが、

その友達から「すごく重宝してるよ!」ってメールをもらって、
自分もほしくなってしまいました…

オムツを替えるときだけでなく、
硬いところに寝かせるときとかにも便利なんだとか…☆

アメリカは結構どこででも普通にオムツ替えたり授乳したりしてるけど、
それだけ、
日本みたいに授乳スペースやおむつ替えスペースが確保されてないってことなのかな?

トイレでもおむつ替えの台というか
親子トイレ(も、あまり見ない)の中以外に、
あまり見たことがない(気がする)し…

なので、余計必要かも!と思って、検討中です☆

どうせなら友達に贈ったのと同じのを買いたいな☆
と思っていたんですが、買おうと思うと結構高いので、
自分で作ることにしました☆

ちなみにアメリカにもあります☆
案の定かわいくはないけど、ビニル素材だったので防水にはいいかも…。



しかしこんなにたくさんできるのか?あと2ヶ月弱で…。
作ったものはまた「てづくり。」カテゴリーで公開したいです♪








アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES