Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< アメリカでの妊婦生活☆体重管理と食事について main アメリカでの妊婦生活☆プリレジスターと小児科の選択 >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2011.07.12 Tuesday
アメリカでの妊婦生活☆産婦人科での定期検診#5(33w2d)

※注意:おしっこについてのリアルな表現がちらっとありますので、
お食事中の方や苦手な方は読まないでください。


6月30日。

最近、筋腫のほうで週2回病院に来ているので、
あんまり緊張しなくなってきました☆

検診では超音波もみてもらわないし、
ほんとにセルフの(笑)尿検査と、血圧・体重測定と、
おなかのサイズを測るのと、
おなかに器械をあてて赤ちゃんの心音を聞いて、
異常がないかチェックするだけなので…


とはいえ、体重測定のときは毎回かなり緊張します。


グルコーステストの再検査までは、
かなり気を遣って食事や運動をがんばっていたけど、
異常ないってわかった(ていうか再検査が終わった)途端、
急に気を抜き始め、
「これくらい、いっか」って食べちゃったり、
「今日は疲れたから運動お休み!」
ってウォーキングをサボったりしがちになったので。。。

一応、引き続き気にしてごはん作ってはいるんですけどね…☆


心配だった体重は、
「前回(2週間前)より2パウンド(約0.9kg)増まではOK」
と看護婦さんに言われたのですが、
「OK」と言われてホッ…。

なんてったって、検診の直前に焼肉バイキングに行っちゃいましたから。

本当は病院の予約が朝で、
お昼の約束は午後からだったので、
「午後からなら思いっきり食べれる〜♪肉もごはんもいっぱい食べよう♪」
とはりきっていたのに、

急遽前日に病院から電話がきて、
「先生が午前中いないので午後でもいいですか?」
といわれたので、仕方なく。。。

なんかあんまり思い切り食べれなくてもったいなかったです。


そして、検診は久しぶり(!)に韓国人の先生でした。 
おなかに器械を当てるなり、


「色がね…
普通のおしっこみたいなんだけど、ビールみたいな色なんだよね。
それで、時々チーズみたいな白いものが混じってることもあるんだよね…」


は?!
なんの話?!
さっきの尿検査の結果?!



「普通のおしっこと違うにおいなんだよねぇ…」



え?!なになに?!
だって、先生あたしのおしっこ見てないじゃん?

ていうか看護婦さんだって、
見たのはあたしがおしっこに浸して持っていった試験紙だけじゃん。
おまけにそれ見た看護婦さんも「OK」って言ってたじゃん!


なんの異常があったの?!
もーおなか出したままドキドキドキドキ。


「そういう場合は羊水だから。
そういうのが出てきたら、破水ってことだから、すぐに連絡してください」


オイオイ…
主語がないからびっくりしたじゃんかよ…。


引き続きおなかを測りながら、
「それから、陣痛みたいな痛みがあることがあると思うけど、
もし痛みの感覚が10分ごとくらいにあったら連絡してください」
と、陣痛について説明。

臨月に入ると、少しずつ痛いことがあるみたいです。
個人差はあるらしいけど。。
英語では「False Labor(偽物の陣痛)」
っていうそうなのですが、
この痛みのときに少しずつ子宮?骨?が開いてくるとか?



坐骨神経が痛みやすいので、腰をマッサージするように。
腰を曲げたり伸ばしたりするエクササイズをするように。
できるだけ休息をとるように。(2〜3時間ごとに横になる)
ミルクをたくさん飲むように。

というアドバイスがありました。



それから、今日は小児科について質問しました。


※アメリカは産婦人科の場所とお産する場所が違ったり、
産婦人科はあくまで出産までで、
生まれた子供は出産されたその瞬間から小児科にバトンタッチなので、
小児科とお産するメインの建物に、
それぞれ自分で行って予約申し込みをしておかないといけないみたいです。。。
Pre-registerといいます。

日本だったらここまでひとつの産婦人科でやりますよね??


同じ病院内なのになんですべてのものが別々なんだろう…
とも思うのですが、
とにかくこれを妊娠6〜7ヶ月(日本の妊娠7ヶ月〜8ヶ月)くらいまでに済ませておく必要があります。



小児科にも韓国人の先生がいて、
私たちと同じところで子供を2人産んだお友達夫婦も、
その先生にみてもらったとのことだったので、
その先生について聞いたところ、
先生のオフィスへ直通の電話番号を教えてくれました。

そして、そこからなぜか先生の無駄話が延々と…
そして無駄話のまま診察がフェードアウトし、

「じゃ、次は2週間後にまた会いましょう」

と言い出したので、ジョン様あわてて
「あのー先生、結局、健康なんですよね?母子ともに…」
と確認(笑)

「うん。何も異常なし」

だって。
ていうか無駄話でそのまま診察終わらしてる時点で何もないってことだよね。
鉄分は?それと、あたし筋腫もあるけど?
とか思ったけど、言われなかったからまあいいや。



この日はこの後、すぐ小児科に電話して予約を取り、
お産する建物でのPre-registerも済ませました。

これについてはまた書きます☆











アメリカでの妊娠・出産と産婦人科通院
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
/PAGES