Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

<< 最近発見した、近所のおいしいお店。 その1 main 救援物資 その2 From Friends >>
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2007.08.09 Thursday
他人のそら似。
今日はマユのたいせつなおともだち、ユウスケの誕生日!
おめでと〜♪♪
てことで、今日は急に思い出したユウスケとの留学時代の話をひとつ。

私たちのいたところはリバーサイドという名前なのですが、
そこから1時間くらいのとこにテメキュラというワイナリーで有名なところがあります。

留学時代、一度だけここにあるエクステンションセンターで授業を受けたことがありました。「子供の絵本を作る」っていうクラス。
2日間完結の講座だったけど、朝9時から4時まででボリュームたっぷりでした。

最初は一人で受ける予定だったのですが、前日に突然ユウスケから電話があり、急遽一緒に受けることに。

クラスメートは私たちをのぞき、全員おばちゃん。あたしの選ぶクラスっていっつもそんな感じだったな…

「絵本を作る」とはいっても、ほとんど先生の講義を聴いて、ノウハウを学ぶだけだったので、私もそうだけど特にお絵かきしたかったであろうユウスケは残念そうでした。

1日目は絵本の書き方のノウハウを聴いて、つぎの日までに絵本の話をひとつ作ってくるという課題がでました。

次の日は、考えてきた話を発表して、ディスカッション。最後に出版についてのノウハウを学んだり、先生の作品をみたりして終わりました。

あたしたちは一番後ろの席に申し訳なさそうに並び(笑)、先生の英語に一生懸命集中して聴いてました。会話では使わないような難しい言葉もたくさん出てくるし、ちょーつかれた…

でも、課題の発表はおもしろかったです。
自分が書いてきた話について、「それでその後その子はどうなったの??」とか、先生とクラスメートがくちぐちに聞いてくる。

すっごい緊張するし、なんせ書いてきた課題は一人一人に紙で渡されるわけではないので、ノンネイティブの私たちは自分の課題を読むのも、他の人の課題を聞き取ってそれに対して質問するのもひと苦労。

小説のクラスもそうだったけど、ほんと緊張する〜。でもこのときはユウスケが一緒だったから、かなりリラックスしてたかも。

ユウスケは前日も夜遅くまで「どうしよう…」と悩みに悩み、朝までプリントしたり大忙しで授業にのぞみ、他人の心配してる場合じゃない私さえも心配でした。

できあがって発表したのは飼い犬の話。
発表は作品の途中まででよかったため、ユウスケはほんとに話自体も途中までしか作ってなく、質疑応答にはすべて即席で答えてました。

ある意味すごいな、ってかうらやましいと思った。
彼は私の持ってない積極性っていうか、行き当たりばったりでいいじゃん、みたいな、そんなポジティヴさで何事も乗り切ってしまうタイプ。

それに比べると私はかなり用意周到派で、
普段は面倒なとこはかなり手抜きするくせに、不安なことがあると「そこまで念入りにしなくても」ってまわりから言われるほど、あれこれ用意する。
不安を残せない。間違うのが怖い。知らないのが怖い。そういうタイプだ。

こんな性格じゃなかったら、韓国人と結婚したことも、韓国に渡ることももっと気楽に考えられるのかな、ってときどき思う。
だから、ユウスケとか、うちのだんなさんみたいな人をみると、ある意味ほんとうらやましくなるときがある。

先生に「実際にもペットを飼っているの?」ときかれ、「日本の家にいます」と答えたユウスケ。
「あら、それじゃあ今はあなたがアメリカにいるから、会えないのね。遠く離れていたら、恋しいでしょう」と聞かれ、
ユウスケはすごい日本語的発音(笑)で「イエス」。
そうでしょうね〜、日本とアメリカじゃ離れてるもんねぇ〜、のようなおばちゃんたちの同意もちらほら聞こえる中、ユウスケは続けた。
「アイ スィンク ヒー ウィル ダイ。」
えっ…殺しちゃうの…
あのとき、振り返って熱心にユウスケの話を聴いていたクラスメート達の顔、一生忘れられない。

さらに、ほかの人の発表がどんどん続く中、突然「ブブッ」とユウスケが横で吹き出した。
「なに??」と聞くと、
「いや…マジ似てるからさ。まじで」

あぁ、そうだった。
午前中の授業の後1時間のお昼休憩があったのですが、
そのとき行ったハンバーガー屋で私が先にユウスケにふっかけたんでした。
「ねぇねぇ、ユウスケの年代って坂上二郎って知ってる??」

ユウスケは私より6つくらい年下。なので、ジェネレーションギャップも多いかと思い、「○○知ってる??」と念のためこんな感じできく。

やっぱり一瞬わからなかったユウスケ。それでも私はあきらめず、
「コント55号っているじゃん。」と続ける。
「あぁ〜。わかる気もするけどなぁ〜。」と微妙な返事。
「その坂上二郎にそっくりのおばちゃんがいるんだよ。いちばん前のいちばん左に座ってる人!」
「ふ〜ん」と興味なさげ。
そりゃそうだね。よく知らないんだもの。
で、その話はお互い(少なくとも私は)すっかり忘れてたんでした。どうせ通じなかったし。

「なになに??」まだ思い出せずにいた私に、ユウスケが「コント55号の…」

あぁぁぁぁ〜。そのことか!
その後もユウスケは、二郎似のおばちゃんが振り返るたびに「ブブッ」「ププッ」と言ってました。顔を赤くして、じっと下をむいて笑いをこらえてた。
私はというと、つられて一度笑い出すととまらなくなるので、なんとか知らん振りを決め込んでました。

ユウスケはほんと素敵なお友達。結婚式のときも一生懸命ビデオ撮ってくれて、素敵な編集までしてくれて。しかもそれをうちの実家まで持ってきてくれて!
お誕生日おめでとう!また会いたいよ〜!


アメリカでのおしごと?・ならいごと
2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト


-
comment
あれ?
弟さんの名前もゆうすけさんじゃなかった?
yugafu 2007/08/09 9:18 AM
ゆっこちゃん久しぶり〜(^O^)
今、会社帰りの電車の中でブログ読ませて貰ったんだけど、
『坂上二郎似のおばちゃん』って見た瞬間に、頭の中で一気に想像が膨らんで、
その人が二郎似だって気付いた時のゆっこちゃんの様子とか想像したら
余計に可笑しくなって、外房線の中で堪えきれずに笑っちゃったよ。
変質者と思われたかも(>_<)
しかも、おじさんじゃなくておばさんっていうのが余計に可笑しいし、
一番前で張り切って授業受けてるおばちゃんの様子とか、
その場にいた訳でもないのに勝手に妄想しちゃって、
笑っちゃいけないと思えば思う程どうにも堪えきれなくなって大変だったよ(;´・`)
高校時代もよく笑ったよね。
懐かしいね〜。
ツッチー 2007/08/09 8:59 PM
yugafuさん☆

弟の名前はけんたろうだよ!
yugafuさんやゆきちんの弟さんと同じ歳だよ☆
懐かしいねぇぇ〜。
マユ 2007/08/09 11:39 PM
ツッチー☆
久しぶり!さすがツッチー!私の大切な笑い仲間(笑)
高校のときも、よく授業中くだらないことでハマって、必死に笑いをこらえたよね!

たぶん、二郎似のおばちゃんを発見したときのあたしの様子とか、ツッチーの想像どおりだと思うよ(笑)
もう、振り返るたび隣のゆうすけが「ククク…」て笑ってるんだよ。あたしだっておかしいよ!と思いつつ、でも一生懸命無視してた(笑)

高校時代のツッチーとの笑いと同じレベルだったよ☆懐かしいねぇぇぇ〜。
外房線で耐え切れず笑うツッチーを想像したらまたおかしくなったよ☆
マユ 2007/08/09 11:46 PM
アイ スィンク ヒー ウィル ダイ …って!おかしい!出先で一人で読んでたんだけど、にやにやしちゃった。
私も用意周到派、というか心配性なので、友達や恋人は逆の人が多いな。なんか清々しく見えるんだよね。行き当たりばったり加減が(笑)
ゆうすけって名前がノスタルジック…☆
あだめ 2007/08/10 2:44 PM
あだめ☆
コメントありがとう♪そして、お手紙もありがとう!!
わたしもまたお返事書くね〜♪♪^^

「ヒー ウィル ダイ」はその場にいないとおもしろさがわからない系だったので、正直ここに書いて反応どうかな…と懸念してましたが、さすがあだめ!!みごとに通じたっっ(笑)

実際その場にいた私も、その瞬間より後でじわじわおかしくなってきた感じでした。
隣で聞いててほんとびっくりしたけど、先生と、振り返って話を聞いてたおばちゃんたちが一斉に目を丸くしたのも忘れられない…

タカトシのトシ風に「なんで?」てつっこみたかった(笑)

わたしは昨日、「シバタ」にノスタルジーを感じてたわ!!そして極めつけの「記念撮影」でふきだした。
マユ 2007/08/11 2:58 AM
まゆ姉!ゆうすけです(^O^)日記に書いてもらっちゃえるなんて嬉しいわぁ! どうもありがとう!!
出張に行っててお返事が遅くなってごめんね(><)

『坂上二郎事件』は本当に忘れられないよ〜!
授業中笑いをこらえるのにあんなに必死になるくらいなら、まゆ姉から何も聞かなきゃよかったと思うくらい!!

『笑っちゃいけない場面』であればあるほど笑っちゃうんだよね〜。
他の人が真面目に発表してて、『二郎似のおばちゃん』がたまにクルッとこっちを振り返った瞬間…! 

「ブフ〜〜ッ!!!」

そしたら先生も「何かあったか?」みたいに一瞬こっちを見てくるし。日本人にとっては大変な事が起こってたんだよ!!

似すぎなんだもん。坂上二郎って聞いてもピンと来ない人に、顔を見てピンと来させちゃうくらい似てるんだもん。。
あん時は本・気・で・参ったよ!!

いつかみんなでまたリバーサイドで集まりたいね!!
まゆ姉も新婚生活とかスペイン語クラスとか楽しんでね☆
テックにもよろしく〜(^^)v
ゆうすけ⇒24歳☆ 2007/08/11 2:43 PM
ゆうすけ☆
おぉぉ〜。ついにこの日記の主人公登場!コメントありがと〜♪
そうそう!それを日記で書き忘れたの!
二郎のこと名前で言っても全くピンと来てなかったのに、顔見て一発でわかったからね。そんだけ似てたんだよね!

てか、ユウスケが吹き出してるときに先生が見てたなんて知らなかった!だって私も必死でユウスケが視界に入らないように下向いてたからさ。。

さらに「日本人にとっては大変な事が起こってたんだよ!!」てのに大爆笑!!!
まぁでも、二郎事件の直前の「ヒー ウィル ダイ」もいまだにおかしいよ。
いまだにテックと話してて時々その話題出るよ!

あぁもう、ほんと授業の内容とかほとんど覚えてないから。

ユウスケは出張とかあって大変そうだねぇ…体に気をつけるんだよ!
テックもゆうすけに会いたがってるよ!休みとれるときあったら、リバーサイドに遊びに来てね!
マユ 2007/08/11 5:07 PM




/PAGES