Since April 1st,2007
Photo By Ted, at San Bernardino 2009


韓国出身の夫との結婚を機に、07年からアメリカで暮らしている主婦の日記です。
詳しくはInformationをごらんください。

  
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

MAYU LOVES DEL TACO!



Information
Category
New Entry
Archives
Mail to MAYU
コメント、メールはこちらからお願いします☆
Link

2012.07.04 Wednesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



-
2009.07.15 Wednesday
岡山くんが浦項スティーラースへ!


彼、よく見ると、
実家の近くの韓国料理屋のおっちゃんに似ています。



岡山君の行き先が、ついに決定!
韓国Kリーグの浦項(ポハン)スティーラースというチームです。

2008年リーグ終了後に仙台で戦力外になってから、
今まですごく気になって、
ちょこちょこ彼のブログをチェックしていたのですが、ついに決まりましたね〜。
とっても嬉しい。

平瀬王子のいるベガルタ出身の選手だからってのもあるけど、
彼のことは高校サッカー大会で、初芝橋本高校の2年生のころから見ていたので、勝手に親近感を持っていたわたし。

仙台からいなくなってしまって残念だなぁ…と思ってたのですが、よかったです。

新天地が決まったからこれで終わりではなく、
活躍して日本に絶対戻ってきてほしいです。

そしてご本人のコメントにもあったように、
ベガルタサポからブーイングを受けてください!!

岡山君がいると思うと、
なんか韓国行くのも嫌じゃなくなってきた(って今年だけだけど)☆
岡山君だって慣れない土地でがんばってるんだから!

やっぱりここでは岡山君、韓国語話してるのかな…?
てか話せるのかな?



なんか、岡山くんのおかげでちょっとKリーグに興味が沸いてきた。
そんで、さっそくいろいろ調べちゃいました。

ジョン様の故郷、忠清南道には大田(テジョン)シチズンていうチームがありました。

ちなみに、8月に韓国で開催されるJOMOカップに出る城南一和天馬のMF、
金正友(キムジョンウ)選手がかっこいいです♪(→さっそく!笑)
まー平瀬王子には足元にもおよばないですけど。

彼、1年間名古屋にいたんですね。しかも彼女がチョーきれい。


もしも、もしも将来、韓国に住むことになってしまったら、。。。

Kリーグ観に行こうかな。



さて、そういうことで久々に韓国語の勉強です。

私の韓国語の弱点は「読み書き」。
しゃべれるんだけど書けないという。そして、全然流暢に読めない。

英語を勉強したときは、がんばって書いて書いて覚えたから、
しゃべれる言葉なら単語もだいたい正しく書けると思うのですが、

韓国語は、もちろん結婚までは書きまくって覚えたけど、
結婚してからは生活しながら覚えてるので、
毎日当たり前のように使っているのに正しく書けない単語がすっごく多いんです。

ようは、読み書きしなさすぎ。。。?

英語だったら、ウェブサイトとか雑誌とか読むこと多いし、
メールとか書くことも多いし、
小説の授業をとってたころから本も読むようになったけど、

韓国語って読んでても全然だめなんです。
興味もわかないし、親戚の方々からも本とかいっぱいもらったけど全然読んでません。
手紙とかも、友達にハングルで書くとき辞書は手放せません。
口で言える単語でも、ほんとによくスペル間違えるし。

完全に避けてるね、読み書きを…

でも、岡山君の情報を知るために、これからはがんばって
浦項スティーラースのウェブサイトを日々見ようと思います!

それでは、以下岡山君入団についての記事です。
(浦項スティーラースのオフィシャルウェブサイトより)

翻訳、変な日本語だったらすみません。
翻訳が上手になるにはサッカー用語ももっと覚えないと。。。!



「経験豊富で、支配力のずば抜けたベテランDF」
"경험 많고, 제공권 뛰어난 베테랑 수비수"


포항스틸러스가 아시아쿼터제를 활용해 재일교포 3세 출신 베테랑 수비수 오까야마(DF, 32세)를 영입했다.
186cm, 76kg의 강건한 체격조건을 지닌 오까야마는 탁월한 수비조율 능력과 월등한 제공권 장악능력을 겸비한 중앙 수비수로 1997년 J1리그 요코하마 마리노스에서 처음 프로생활을 시작해 지난해까지 J2리그 베갈타 센다이에서 활약하며 리그통산 268경기에 출장한 베테랑 수비수로서 2006년 스카이퍼펙트 TV에서 선정한 최우수 수비상을 수상하기도 했다. 또한 오까야마느 재일교포 3세로 우리나라와 특별한 인연도 가지고 있다.


浦項スティーラースが、アジアクォーター制※を活用し、在日3世のベテランDF、オカヤマ(32歳※)を迎え入れた。
186cm、76kgのたくましい体格をもつオカヤマは、卓越した守備能力とずば抜けた支配権掌握能力※を兼ね備えたセンターバックで、1997年J1リーグ「横浜マリノス」で初めてのプロ生活を始め、
去年まではJ2リーグのベガルタ仙台で活躍し、リーグ通算268競技に出場したベテランDFとして、2006年スカイパーフェクTVが選ぶ最優秀守備賞も受賞した。
またオカヤマは、在日3世として韓国と特別なつながりもある。

※アジアクォーター制がよくわからないのですが、
「外国人を外国人選手としてでなく、韓国人選手と同様に扱う」
という制度らしいです。
日本のJリーグの「在日枠」みたいな感じですかね?

※32歳は韓国での数え方での年齢ですね。
※「支配権掌握能力」って…ここ、よくわからず原文を直訳しちゃいました。
これにあたる、もっと自然なサッカー用語ありますかね?


포항은 오까야마의 영입을 통해 황재원-김형일-김광석으로 이어지는 국가대표급 수비라
인에 한층 더 힘을 싣게 되었고, 7월부터 9월까지 이어지는 AFC챔피언스리그 8강, K-리그, FA컵, 피스컵 등 남아 있는 대회에서의 수비라인 운영에 탄력적 기용이 가능하게 되었다.

오까야마 선수의 계약 기간은 1년이며, 세부계약 내용은 비공개이다.


浦項はオカヤマの入団を通じて、ファンジェウォン、キムヒョンイル、キムクァンソク率いる韓国代表級の守備ラインへより一層力を注ぐことになり、7月から9月まで続くAFCチャンピオンズ・リーグ8強、Kリーグ、FAカップ※、ピースカップ※など残りの大会での守備ライン補強を臨機応変にできるようになった。

オカヤマ選手の契約期間は1年で、契約内容の詳細は非公開となっている。

※FAカップは、Kリーグ、K2リーグ、大学サッカーやアマチュアクラブが参加できる大会で、ハナ銀行がスポンサー。トーナメント方式。
なんだか、ナビスコみたいな天皇杯みたいな感じですね〜。
※ピースカップは、サッカーの国際大会だそうです。知らなかった…


韓国語のあれこれ。
2009.06.08 Monday
5月1〜5日 韓国滞在 5月4・5日 休日、そして最終日

5月4日。何もない日。


結婚式から一晩明けた今日は、びっくりするくらい穏やかな1日でした。
な〜んも予定なし。
朝、お義父さんとお義母さん、ジョン様、義弟、義弟の彼女と一緒にゆっくり朝食。


苦手な義弟の彼女とも、一緒に話しながら皿洗いをしたり、
ごはんをよそったりして、
去年よりは打ち解けた感じです。


よかった…だって義妹になる人かもしれないんだから。
うまくやっとかないと…苦手とか言ってられない。

朝食のあと、義弟は彼女を送っていくため、外出。
義弟とはここでしばしのお別れです。


今回のわたしたちの一時帰国の目的は、2人そろって
「ビザ更新」だったのですが、
そのビザの更新に必要な書類で足りないものがある、との連絡があり、
急遽ジョン様と2人で大田(テジョン)に行くことに。

ワールドカップスタジアムがあるところです☆
ひらりんも行ったことあるかなぁ♪

ここにジョン様の親戚がけっこうたくさん住んでいるのです。
ちなみに、ジョン様の通っていた大学もここにあります。
論山からは1時間くらいかな?

ジョン様の大学に行って成績証明書をもらい、
その後親戚のお兄さんの働く事務所へ行ってまた書類をもらって、
お昼ごはんはまたしてもピザハットで食べちゃいました。

だって、食べたかったんだもの、ピザ。



ピジャハット(笑)にて、こんな素敵なRainがお出迎え(うちの母が大好き)。
かっこいいな〜。

ひらりんのかっこよさには足元にも及ばないけども。

等身大?パネルと言えば、
昔、鹿ガーデン(鹿島アントラーズクラブハウス内の飲食施設)に
平瀬王子のバーモントカレーの全身パネルがあったんです。
今はなくなってるけど…
あれ今どこでどうなってるんだろう。。。
スーパーとかにあったら確実に「ください」って言ってるな、わたし。

そのあと、論山にある「MISSHA」に行って、
BBクリームを買いました。
去年の滞在のときに買って、すごくよかったのでリピートです。

そういえば結婚式の日の朝、
お義母さんがファンデーションを忘れたから貸して、
というのでこれをかしてあげたら

「マユのファンデーション、すごくいいんだけど、あれ、日本の?」
と聞かれて、

「あれは韓国のBBクリームですよ。去年来たときに買ったんです」
と教えてあげたとこだったので、
お義母さんの分も買っていきました。



お義母さんはとても喜んでくれました。


「へぇ〜、マユの使ってる化粧品が、論山にも売ってるのねぇ」


お義母さんが喜んだのは、
単に「いい」と言ったクリームを私が買っていったからってだけではないのかも。。


お義母さんをはじめ、
ジョン様の家の人たちは日本の製品は何でもいいものだと思っていて、
それはいいんだけど、

そんないい物を作る国の出身なのだから
当然マユは日本製のものばかり持ってるんだ、
韓国製のものなんてわざわざ使わないんだ、

と思っているふしがあるので(実際はそうでもないんだけど)、

私の持ち物について何でも
「これ日本の?」と聞いてくるのです。


それで私が「そうです」と答えると、

「やっぱ、日本のものはいいわねぇ」
なんて言いつつ、

「やっぱりマユは日本のものがいいわよね」
って言うこともよくあったので、

そんな中で私が実は韓国の化粧品を使ってたってことも嬉しかったのかもしれないです。


なんか、よくわからないけど、ちょっと反省。
だからかなりほめてみた。

「韓国の女性は肌が綺麗な人が多いから、
韓国の化粧品は日本人にも人気なんですよ。」



…と、こんな風に勝手に解釈してしまったけど、もしかしたら単に

「マユが使ってる化粧品が論山にも売ってる」
        ||
「マユは論山にも住める」

って思っただけなのかもしれません。。。


夕飯の時間になると、
お義父さんが

「マユは今日で最後だし、4人で美味しいもの食べてゆっくりしよう」

といってくれて、

じゃあマユの好きなカルククス(うどんみたいの)のお店に行こう!

ということになって、

前にも日記に書いた
「中央カルククス(중앙손칼국수)」
に行くことに♪
ほんとにおいしいんです。ここのカルククス。

お義父さんとお義母さんとゆーっくり話せるなぁ、
と思ってうきうきしていたら、
ソウルに住む親戚のおじさんの1人から電話が。

「俺、まだ論山にいるから、そっち行くわ!」

いっせいにへこむ4人。
でも結局、そのおじさんを交えて5人でカルククスを食べに行きました。
おじさんのしょうもない話を聞きながら…笑
ジョン様いわく、

「あのおじさんはね、いい人なんだけど、話がつまらないんだ」

まったくその通りの感じでした(笑)


5月5日。

とうとう帰る日に。

この日はジョン様も一緒に仁川空港まで来てくれて、
ジョン様は次の朝早くにアメリカ大使館の面接があったため、
この夜そのままソウルにいるおばさん(1日の日記で私が論山まで連れてきてもらった)の家に宿泊することになっていました。

なので、2人で高速バスで行きます。行きに乗るはずだったやつです。

飛行機は夕方5時発だったけど、
ジョン様の家から空港まで3時間ちょっとかかるので、
結局朝10時くらいにジョン様の家をでなければなりませんでした。

この日も早起きして朝食の準備をお義母さんと2人でしました。


準備のあと、朝早くから朝飯前の仕事に出かけたお義父さんと、
まだ寝ているジョン様を待っているとき、お義母さんがいいました。 


「マユ、今回はごめんね。
あんたにこんなに仕事させるつもりじゃなかったの」


お義母さんは、私がアメリカ→日本、
そしてそれからまもなく日本から韓国に来ていて疲れているだろうと気を遣ってくれていて、

今回はマユには何もさせたくない。って思っていてくれたのだそうです。

でもフタを開けてみたら想像以上の忙しさで、
休んでていいよ、なんていう余裕もなかった。

だからいっぱい仕事させちゃってごめんね、と言うのです。


私からしたら、
旦那の家に行ったら手伝うのは嫁として当然だし、
むしろ手伝わずに座っているほうが気になっちゃって仕方ないし、

役立たずの私なんかでも今回はいろいろ手伝えて嬉しかった旨を伝えました。


お義母さんは今回
「はじめて娘を嫁に出すときの親の気持ちがわかった」
としきりに言ってたんです。

それで、しきりに私にも言うのです。

「マユのお母さんも辛いよね。
娘を外国に嫁に出すなんて大変なことをしたんだから、
今になって後悔してるんじゃないか心配でしょうがないの」

義妹なんて、目と鼻の先にあるマンションに住んでるのに、
それでもこんなにさびしくて、心配で仕方ないんだから、
マユのお母さんの気持ちは計り知れない、と言うのです。


そりゃそうだね。
家を出た今、私も痛いほどうちのお母さんの気持ちを感じるから。

それはそのままお義母さんにも伝えた。
だって本当のことだから。

でも、お義父さんやお義母さんに大事にしてもらってるし、大丈夫です、と言った。


朝食が済んで、お義父さんとも話す時間ができた。
わたし、ここの家族の中で、お義父さんといるのが正直一番楽です。
ほんとに気を遣わないっていうか。。。


将来の話、というかジョン様の学校が終わってからの話とかも少ししました。

お義父さんは、アメリカからは帰ってきてほしいけど、日本に住むならいいと思ってるみたい。
お義母さんは、アメリカはもちろんダメ(病院にいけないから)。一刻も早く韓国に帰ってきて!ていう感じ。
肝心のジョン様は…わからん。というかお茶を濁してる。でも本当はアメリカに住みたい。
私は…できれば日本に住みたい。でも内緒。

…どうなることやら…

さて、いよいよ帰る時間が近づき、高速バス乗り場まで送ってもらいました。
お義父さんもお義母さんもさみしそうだった。
なぜかジョン様もさみしそうだった(笑)

お義父さんはいつもどおり、
「さ、早く行け」と言うと、さっさと車に乗りこんだ。

お義母さんはいつまでも私の手を離さなかった。
そして、

「からだに気をつけるのよ。無理しないで。お金の心配しないで、
美味しいものいっぱい食べて、健康に暮らすんだよ」

と、まるで本当の娘のようにしてくれた。

というか、私の姿に、今まさに新婚旅行中の娘の姿を重ねてたのかもしれません。


私のことを抱いて、そして、離れたとき、お義母さんは泣いていた。
びっくりして、私まで泣いてしまった。

できる限り人前で泣きたくない私は、
お義母さんの前では必死でこらえたものの、
自分でも知らない間にぼろぼろ涙が。

そして、バスの中でもとまりませんでした。

この別れは、自分の最愛の息子であるジョン様との別れではまだないんです。
ジョン様はこのあとも2週間、家にいたんだから。

嫁の私が帰るのに、
こんなにも泣いてくれるお義母さんがとてもいとおしく感じたし、
ここまで思ってくれて、嬉しく思いました。


私にとってもジョン様の家は、
来るたびにとても居心地のいいところになっていて、
今回が今まで滞在した中でいちばん気持ち的に楽な滞在だったかもしれません。

これからどんどん、この家が楽チンな場所になっていくのかもしれません。

いや、それはどうかな…



韓国語のあれこれ。
2007.11.15 Thursday
エンジェルの帰国。その3 やっかいなライバル
前回に引き続き、ジナの帰国の際の空港での出来事。
出国手続きが終わって、ジナが中に入るまでみんなでお話してたんだけど、
そこで私は初めて会った人も多かったので「韓国語すごい!」なんて久しぶりにチヤホヤされ、「どうやって覚えたの?」とかいろいろ聞かれたりして、少しいい気分…と思っていました(笑)が。
それをおもしろくないとしているやつが1人いた。

それは韓国人の女の子で、見るからに怖い感じのタイプ。
さらに結婚前だんなさんから聞いた彼女の話で、
「日本語できる女の子がいるんだけど、ちょっと変わってるからあんまり関わらないほうがよさそう。マユが韓国語できるの知ったらすごいいろいろ文句言いそうだったから、言わなかった」

その子は、あたしが韓国語のことでほかのみんなからいろいろ言われてるのが気に食わなかったらしく、わざわざあたしの前に来て、突然日本人の知り合い?に電話をかけ始めた。
だんなさんがポツリ。「やっぱり、はじまった…」
あたしもそう思ったけど、気づかないフリしてみんなとしゃべってた。
でも、あたしの隣に日本人の子が1人いて、その子とあたしが話してるときに、来ちゃったんだなー。

もう、あたしも負けず嫌いだから、張り合われるのマジむかつくんだよねー。
でも、もう無視するわけにいかないので、いちおう「日本語、上手ですね」と言ってみた。
そしたら待ってましたとばかりに「ありがとごじゃいます」だって。

あたしは心の中で思った。


「絶対あたしの韓国語よりへたくそだーーーー!!!!!」笑


まぁ、あたしの韓国語だってぜんぜんたいしたことないけどさー。
遠くから聞いたら韓国語かなって思っちゃうようなイントネーションだし、男言葉みたいな、なんか友達に使うべきでない表現と敬語とかごちゃまぜだし。
どこで習ったか知らないけど、もし独学で勉強して今まで誰もその発音や表現をなおしてくれなかったとしても、
せっかくそれだけ言葉自体を覚えたんだったら正しい使い方とかも一緒に覚えたらよかったんじゃないの??ってかんじー。
それであたしに張り合おうなんて100年はやいわ!(←負けず嫌いむき出し 笑)

それでもほかの友人たちのトピックは依然としてあたしの韓国語だったので、すぐまたあたしはそっちの話に戻ったんだけど、それがまた気に食わなかったか、ほかにもたくさんいたのにわざわざあたしにいろいろ質問していた男の子(クリス似)にむかって

「ちょっと、ごちゃごちゃしゃべってないでジナがジュース運ぶの手伝えば?」

こっわー。

彼女の目を盗んで、こっそりだんなさんに「タッタッパァーダァー(居心地わりィー)」といってしまったわ。

前に、だんなさんにこんな話をしたことがあります。
「ねぇ、あたしもここでカンちゃんみたいになれるかなぁ」

あたしの留学時代、韓国人の男の子でカンちゃんという、とっても日本語の上手な子がいたのです。
彼は何を隠そう、当時英語てんでダメだったうちのだんなさんの通訳になってくれた、もうひとりのエンジェルです。
彼がいなかったら、付き合った当初のあたしたちはほとんど話通じなかったかもね(笑)
彼はそれまで一度も日本に来たことがなかったのに、日本人?!って思っちゃうくらいスラスラ日本語をしゃべってました。
そのためほかの韓国人の子たちよりも、日本人の友達がたくさんできて、当時留学していた日本人の間では知らない人はいないと言ってもいいくらい有名でした。

なので、あたしも今それなりに韓国語話せるようになって、だんなさんのお友達とも留学時代よりも仲が深まって、やっぱ韓国語やっててよかったなって思ったので、
あたしもカンちゃんみたく韓国人の友達いっぱいできるかな、って思ったんです。

そしたらだんなさんが
「う〜ん、どうかな…韓国人は、ライバル意識が強いから…日本人の友達がカンちゃんにしていたみたく素直に『うわー、韓国語話せるの?!すごい!!』って言う人ばっかりじゃないかも…」

といってたんです。そして、そう言った原因が、今回遭遇した彼女だったらしい。

でも彼女以外の人たちは日本人が韓国語話すの不思議だったらしくて、いろいろ興味を持ってくれたけどね。

彼女も「おしごとは、なにしてますか」と聞いてきたけど、口が裂けても
「韓国人の子供たちに日本語教えてます」とは言わん!と思った。


韓国語のあれこれ。
2007.05.30 Wednesday
私の韓国語まだまだだなぁ。 その1
きのう、またひとつ表現?を覚えました。

例文:くしゃみをしたら、コンタクトがずれた。

재채기하니까 콘택트가 옆으로 미끄러졌다.

「ずれる」の言い方が、わからなかった…韓国語には「ずれる」にぴったりくる単語がないようで、直訳すると「横にすべる」っていう表現をするんですね〜。
ちなみに、この表現は英語のそれにも似ています。

英語だと

My contact lenses slipped off to the side
(コンタクトだから、slipped out of the placeの方が合ってる気もするけど)
when I sneezed.

何かがずれるって話を、今まで彼と韓国語でしたことなかったんだなぁっておもいました。



韓国語のあれこれ。
2007.04.19 Thursday
テスト送信。
이 일기에서 한국어를 어떻게 쓰면 되는지 몰라서 리오언니한테 물어봤습니다...
리오 언니가 가르쳐준 대로 해봤는데 잘 됐지??



韓国語のあれこれ。
<< 2/2PAGES